第2世代「AirPods Pro」レビュー。ノイキャンはソニー/ボーズ並、音質も使い勝手も向上

第2世代「AirPods Pro」レビュー。ノイキャンはソニー/ボーズ並、音質も使い勝手も向上

  • PHILE WEB
  • 更新日:2022/09/23

アップルから、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載した第2世代「AirPods Pro」が登場した。初代AirPods Proと、ANCや外音取り込みの効果、音質の違いなどに注目しながら比較レポートしていく。

No image

第2世代の「AirPods Pro」

■「紛失しにくい完全ワイヤレスイヤホン」になった

第2世代のAirPods Proは、一見すると、外観はさほど変わっていないようにも見える。だが、イヤホン本体をていねいに確認すると、ドライバーユニットの背圧を最適化するために設けられたベンチュレーションポートの配置が変わっている。初代モデルはハウジングの内側、耳に触れる箇所にあったが、第2世代機はハウジング上部に、上向きに孔を配置した。これによってANCの効果やサウンドに影響が現れているのか、後ほど検証しよう。

No image

上が初代、下が第2世代のAirPods Pro。黒色の部分、ベンチュレーションポートの配置が変更されている

充電ケースは、新旧ではっきりと違いがわかる。第2世代のAirPods Proは、充電ケースを「探す」アプリから追跡できるようになった。見当たらない場合、イヤホンだけでなく、小型のスピーカーを内蔵する充電ケースからも音を鳴らして場所を特定できる。しかも充電ケースはU1チップを内蔵しているので、UWB(超広帯域無線)による精度の高い探索にも対応する。

No image

充電ケースも「探す」アプリから正確な遠隔探索が可能になる

No image

右側3つの小さな孔からスピーカーの音が出力される

筆者のまわりにも、AirPodsの充電ケースだけを紛失したり、イヤホンを入れたまま行方不明になってしまった経験を持つ方々がいる。新しい充電ケースにはストラップも着けられるので、愛用するAirPods Proと離ればなれになりたくなければ、お気に入りのストラップで万全を尽くしてほしい。なおストラップは、短いものより「首掛けタイプ」がおすすめだ。

No image

筆者は首掛けタイプのストラップがしっくりときた

ちなみに充電ケースのスピーカーは、サウンドを鳴らして探す場面のほかにも、「ペアリング完了」「充電開始」「低バッテリー」の時に鳴る。充電ケースがピヨピヨと鳴いて反応を返す仕様を筆者は可愛らしく思ったが、反対に煩わしさを覚える方もいるだろう。そのような場合は、AirPodsの設定から「充電ケースのサウンドエフェクトを有効にする」をオフにすることもできる。

No image

充電ケースのサウンドエフェクトを無効にするとスピーカーから音が鳴らない

■確かに強力なノイキャン性能。好みは分かれそう

第2世代のAirPods Proは、処理能力がアップしたアップル独自開発の「H2」チップを内蔵している。

アップルは数値的な根拠を公表していないが、最新チップとベンチュレーションポートの配置などを見直したことで「ANC性能が2倍に向上」したとアピールしている。

No image

Apple H2チップがANCや外部音取り込みモードの新しい機能搭載を実現した

AirPodsのメニューから「イヤーチップ装着状態テスト」を済ませて、筆者の耳にフィットするイヤーチップを合わせてから、新旧モデルのアクティブノイズキャンセリング機能の性能を聴き比べた。

ノイキャンはソニーやボーズ並に。苦手な人もいるかも?

第2世代のAirPods Proの遮音効果は明らかに向上している。イヤホン、イヤーチップの形状はほとんど変わっていないのに、新しいAirPods Proは耳の穴の隙間をみっちりと埋めてくるような、タイトな遮音性能が特徴だ。

No image

騒がしいカフェで新旧AirPods Proのノイズキャンセリング機能を比較した

夕暮れ時の騒がしいカフェの店内で試したところ、隣で賑やかに談笑する学生たちの会話がビシッとシャットアウトされ、聞こえなくなった。続いて地下鉄に乗ってAirPods Proを装着すると、初代機では若干漏れ聞こえてきた低いモーター音、レールがきしむ甲高いノイズが聞こえなくなる。

そして極めつけは自宅で、ウェブ会議に参加する家族を目の前にしながら、新しいAirPods Proでビル・エヴァンス・トリオのアルバム『Portrait in Jazz』から「Autumn Leaves」を再生したら、家族の声が聞こえなくなって、仕事に全集中できた。

体感上は「2倍以上」の静寂さを、第2世代のAirPods Proは実現していると思う。筆者が最近試した中ではソニー「WF-1000XM4」やグーグル「Pixel Buds Pro」、ボーズ「QC Earbuds」など、ノイキャンを「みっちりと効かせる」タイプの完全ワイヤレスイヤホンに近い。新しいAirPods Proは、これら人気モデルのトレンドをキャッチアップしてきたと言える。

ただ一方で、このギュッとタイトに消音される感覚が苦手という方もいるだろう。初代AirPods Proの、若干の抜け感を伴う “爽やかなANC” が心地よいという声を、筆者も聞くことがある。ウェブ会議など音楽リスニング以外の用途には、ノイキャン感が強くないイヤホンの方が向いている場合もある。購入を決める前に、ぜひApple Storeなどで実機を試してから検討を進めることをおすすめしたい。

■爆音ノイズから耳を守る「適応型環境音除去」

H2チップの恩恵は、「外部音取り込み(ヒアスルー)」に新設された「適応型環境音除去」の搭載にも活きている。リスニング中に環境音を取り込みながら、突発的に飛び込んでくる大音量のノイズは減衰させ、ユーザーの聴覚を保護する機能だ。

No image

「適応型環境音除去」は機能のオン・オフが選択できる

設定はAirPods Proのメニューからオン・オフが切り換えられる。線路の真横で新機能の効果を試してみた。轟音を立てながら電車が真横を通過すると、ノイズは85dBを越えるレベルに到達する。その瞬間、AirPods Proは自動的にノイズレベルを10dBほど下げ、耳にかかる負担を回避してくれた。

No image

線路のすぐ側で「適応型環境音除去」のフィールドテストを実施した

場所を変えて陸橋の上から、電車が通過する音とAirPods Proの変化を観察した。ノイズが一定のレベル以上にならない場面では、特に意識されるような聴感上の変化が起きない。つまり適応型環境音除去では「電車の走行音」「工事現場の作業音」「サイレン」など、ノイジーな音源の「種類」を特定して消すような処理は行っていないようだ。あまねく「大音量ノイズをカット」することが本機能の役割なのだ。

No image

85dBを越えるノイズを計測すると、AirPods Proがノイズキャンセリング機能を効かせて10dBほどノイズを低減してくれる。コンテンツのサウンドに大きな影響はない

設定から機能のオン・オフを切り換えても、イヤホンのバッテリー消費が大きく影響を受ける手応えは今のところない。常時オンで使っても良さそうだ。

なお、外部音取り込みモード時のサウンドは輪郭がボールドになり、抑揚にもメリハリがついた。とても聴きやすい。新規設計のドライバーとアンプを載せて、なおかつハウジングの構造を見直したことが奏功しているのだろう。音については後ほどまた触れたい。

AirPods Pro新旧モデル聴き比べで音楽再生能力をチェック

■ロスレス再生には“とりあえず”非対応

第2世代のAirPods Proのサウンドについて触れる前に、iOS 16との連係によりAirPods Proの使い勝手が「変わること」と「変わらないこと」を整理しておく。

変わった点は、AirPodsシリーズの設定メニューがBluetoothオーディオ機器のリストから独立し、「設定」アプリの第1階層の画面に移行したことだ。AirPodsをペアリングすると、アイコンと名前が画面に表示される。タップした先の画面ではイヤホンとケースのバッテリー残量を確認できる。

No image

設定アプリの第1階層にAirPods Proのメニューが表示される

No image

AirPods Proのメニュー画面

iPhoneのTrueDepthカメラでユーザーの耳画像を撮影し、「空間オーディオ」のリスニング感を向上させる「パーソナライズされた空間オーディオ」も、iOS 16からの新機能だ。詳細についてはiOS 16のパブリックベータテストの記事をご覧いただきたい。正式リリースされたiOS 16では、パーソナライゼーションの設定がとても速くできた。

iOS 16後も、iPhoneとAirPodsシリーズとの関係においてまだ「変わらない」のは、ロスレス再生が残念ながらできないことだ。アップルがこの課題を克服する際には、きっとBluetooth以外の無線技術を掛け合わせてくるだろうと筆者は予想している。アップル独自のチップセットやソフトウェアによる綿密な連係が求められるだろう。第2世代AirPods Proが最新のH2チップを搭載したことが、ロスレス再生対応へのアップデートに向けた布石なのだろうか。吉報を待とう。

■自然なバランスはそのままに、より鮮やかで力強くなったサウンド

iPhone 14 Pro MaxとApple Musicの楽曲をリファレンスにして、AirPods Proの新旧モデルを聴き比べてみた。

第2世代AirPods Proは、第1世代のAirPods Proから、ニュートラルでバランスの良いサウンドを受け継いでいる。さらに第2世代のAirPods Proのサウンドは力強く、艶やかだ。一段とパワフルになったANC機能や、構造を見直したハウジングの効果が、サウンドに好影響を与えている。

No image

iPhone 14 Pro Maxにつないで試聴した

eillのアルバム『PALETTE』のタイトル曲「PALETTE」はボーカルを中心とするアップテンポなポップスの秀作だ。第2世代AirPods Proが、若々しく躍動感ある楽曲の魅力を余すところなく引き出す。ボーカルはとても伸びやかで、清涼感があふれだすようだ。繊細なニュアンスの変化も正確につかまえ、楽器の演奏ににじみがなく、クリアで立体的な音場が広がる。低音の立ち上がりがとてもスムーズで、余韻のほぐれも良い。初代のAirPods Proで不足していた音楽の情報量が存分に満たされ、たちまちホンモノのステージが現前したような没入体験に引き込まれてしまった。

ANCオンでのサウンドは?

ノラ・ジョーンズのアルバム『Come Away With Me』から「The Nearness Of You」を聴くと、ANC機能の素性の良さがとてもよくわかる。ささやくように歌うボーカルの息づかいやニュアンスを、ANCが阻害することなく、クリアに蘇らせる。ピアノの余韻もきめ細かい。初代のAirPods Proでは少しうるさい場所でこの曲を再生すると、楽曲の魅力である「静寂の質感」が消え失せてしまう。ボーカルの表情が繊細に移ろう瞬間にも出会えない。新しいAirPods Proなら、これらの “うまみ” を色んな場所で聴いても逃さずキャッチできる。

No image

ステムの上下スライドで音量のアップダウン操作ができるようになった

加えて第2世代のAirPods Proは、外部音取り込みモードを選択している時にも、音楽の聞こえ方がとてもビビッドに、力強くなっている。さすがにANCモードの時よりも音楽のボリュームは少し上げる必要はあるものの、初代モデルのように、環境音と一緒にコンテンツのエッセンシャルな音が失われてしまうことがない。

ボーカルや楽器の定位がとても力強く、低音もふくよかだ。筆者はワークアウトで体を動かす際、周囲に注意を向けるため外部音取り込みモードをよく使う。第2世代AirPods Proなら、音楽のボリュームを上げすぎることなく、より安全に外でも使えそうだ。

ハンズフリー通話の音声もチェックした。イヤホンで「聴く」方の声は、やはりメリハリが効いていて輪郭も整っている。反対にマイクを使って「伝える」方の声もまた、初代AirPods Proに比べて滑らかになる印象だ。バックグラウンドの環境ノイズも雑味が少なく抑えられる。通話相手にストレスを感じさせないボイスコミュニケーションを実現できるだろう。

■AirPodsシリーズの新しい一歩がここから始まる

空間オーディオのダイナミックヘッドトラッキング、適応型環境音除去、そして「鳴ることで紛失を防ぐ充電ケース」は、新しいAirPods Proを起点として、これからのAirPodsシリーズの標準形になるだろう。他社の完全ワイヤレスイヤホンにも一部影響を与えるかもしれない。

AirPods Proの初代モデルを長く使ってきたユーザーの方々も、一段とパワーアップしたノイキャン効果とサウンドを試してみる価値は大いにあると思う。

山本 敦

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加