日本はアメリカに手応えある勝利、森保監督も称賛「いい選手が多いことはポジティブ」

日本はアメリカに手応えある勝利、森保監督も称賛「いい選手が多いことはポジティブ」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2022/09/24

[9.23 キリンチャレンジ杯 日本 2-0 アメリカ デュッセルドルフ]

ドイツ遠征初戦で白星を手にした。日本代表はアメリカ代表に2-0の完封勝利。森保一監督は試合後のフラッシュインタビューで「いい準備をしてくれてハードワークしてくれました」と選手たちを称えた。

前半に流れを掴んだ日本は、前半25分にMF鎌田大地(フランクフルト)のゴールで先制する。その後も前半45分は攻勢を強めた。後半に入ると、流れは拮抗状態となるが、終了間際にMF三笘薫(ブライトン)が勝利を決定づける追加点。そのまま試合を終え、ドイツ遠征の初戦で勝利した。

W杯まで残り3試合の中、手応えある勝利となった。森保監督は「選手たちがアメリカ戦に向けて、W杯を見据えて戦い方を整理してくれた。いい準備をしてくれてハードワークしてくれました」と目を細める。勝利以上に「内容的にも選手たちがやろうとすることを、うまくいかないこともありましたけど、そこをピッチ内で修正を加えてくれながら戦えたことはまずよかった」と選手たちのプレーを称賛した。

結果を残した選手がいる中で、本大会へのメンバー入りに向けて競争は過熱する。指揮官は「メンバー争いは常にW杯に向けてだけではなく起こっている。選手は自然に捉えていると思いますし、それだけいい選手が多いことはポジティブに捉えていきたい」とその流れを歓迎。「インテンシティ高く戦わないといけないので、交代枠は使いながらしっかり勝っていけるように、11人だけで勝つのではなくて、交代枠を含めてベンチも含めて勝っていくということをやってくれた」とチーム全体の勝利を強調した。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2022W杯カタール大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2022W杯カタール大会日程&TV放送

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加