ベルナー&ハフェルツがプレミア初ゴールも...チェルシー、後半AT被弾でサウサンプトンとドロー

ベルナー&ハフェルツがプレミア初ゴールも...チェルシー、後半AT被弾でサウサンプトンとドロー

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/10/18
No image

[10.17 プレミアリーグ第5節 チェルシー 3-3 サウサンプトン]

プレミアリーグは17日、第5節を行い、チェルシーサウサンプトンをホームに迎えて3-3で引き分けた。

前半15分に試合を動かしたのはホームのチェルシーだった。DFベンジャミン・チルウェルの縦パスからFWティモ・ベルナーが巧みに抜け出す。PA内に持ち込むと、相手選手数人に囲まれながらも右足のシュートをねじ込み、スコアを1-0とした。今夏、ライプツィヒから加入したベルナーにとってプレミア初ゴールとなった。

さらに前半29分にもベルナーがネットを揺らす。自陣からMFジョルジーニョが蹴り出したロングボールに反応してPA内に侵入すると、距離を詰めたGKアレックス・マッカーシーを浮き球でかわし、ヘディングで押し込んで2点目を記録。しかし、同43分に中盤でMFカイ・ハフェルツがボールを奪われると、FWチェ・アダムスのスルーパスから抜け出したFWダニー・イングスに決められ、サウサンプトンに1点差に詰め寄られた。

2-1とチェルシーがリードしたまま後半を迎えるが、同12分にDFクルト・ズマとGKケパ・アリサバラガの連係ミスを突かれ、最後はチェ・アダムスに左足シュートを突き刺され、サウサンプトンに試合を振り出しに戻される。しかし、直後の同14分、FWクリスティアン・プリシッチのスルーパスからPA内に走り込んだベルナーのラストパスをハフェルツが蹴り込み、チェルシーが勝ち越しに成功。この得点はレバークーゼンから加入したハフェルツにとってプレミア初得点となった。

だが、このままチェルシーが逃げ切るかと思われた後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。DFライアン・バートランドが蹴り出したFKの流れからFWセオ・ウォルコットが放ったシュートを、DFヤニク・ベステルゴーがヘッドでコースを変えてネットを揺らし、サウサンプトンが同点ゴール。試合は3-3のドローに終わった。

●プレミアリーグ2020-21特集

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加