金融資産の国内移転優遇によりトルコに海外資金が流入=Tekce〔BW〕

  • 時事通信社
  • 更新日:2021/02/22

【ビジネスワイヤ】不動産会社のTekce・Overseas・Gayrimenkulは、海外に置かれている金融商品の国内移転を非課税で認めるウェルス・アムネスティ(資産特赦)の制度によって海外資本のトルコへの流入が増加しているとの報告を発表した。以前は1%から2%の税金が課されていたが、今年6月30日までは申告をすることで無税の恩恵を受けることができる。外国人投資家の中には、トルコの市民権を取得してこの制度を利用する動きもある。

【注】この記事はビジネスワイヤ提供。英語原文はwww.businesswire.comへ。

時事通信社

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加