「死んだら香典いくら?」病気で入院控えた職員に...“パワハラ町長”の新音声 直撃に“激励だった”と釈明

「死んだら香典いくら?」病気で入院控えた職員に...“パワハラ町長”の新音声 直撃に“激励だった”と釈明

  • FNNプライムオンライン
  • 更新日:2023/11/21
No image

愛知・東郷町の井俣憲治町長(57)が、複数の職員にパワハラやセクハラととれる言動を繰り返していた問題。入手した音声には、耳を疑う発言があった。

【画像】「死ぬこと前提じゃないですか」と職員 保険金や家族を揶揄する発言も

謝罪会見したばかり…町長がまたパワハラ発言か

「お前死んだら香典いくらぐらい?お前保険入っとるんか」

これは10月25日、井俣町長が手術を控えた町の職員に発した言葉だ。
井俣町長は、職員をバカ呼ばわりするなどハラスメント発言が問題視され、11月16日に謝罪会見をしたばかり。
ところが、さらなる問題発言が明らかになった。

愛知・東郷町 井俣憲治町長:
お前の家、何宗?葬式やるっていったら何宗?

職員:
えーっと西本願寺

井俣憲治町長:
本願寺ってことは浄土真宗か

職員:
浄土真宗、そうですね

井俣憲治町長:
西本願寺って東郷町、あそこしかないぞ

職員:
死ぬこと前提じゃないですか

井俣憲治町長:
お前死んだら香典いくらぐらい?

病気で手術を控えた職員に対して、「香典いくら?」という耳を疑うような言葉を発した町長。不適切な発言はこれだけではない。保険金に関しても無神経な言葉を重ねた。

井俣憲治町長:
お前 保険入っとるんか

職員:
入ってます

井俣憲治町長:
もらえるん?

職員:
もらえます

井俣憲治町長:
いくら?

職員:
金額は忘れました

井俣憲治町長:
それで、うちで臨時職員雇おうや。会計年度職員雇うやん。そのために(保険金)使ってもいい?

「手術をする職員のかわりに別の職員を雇う費用を、保険金で賄え」という衝撃の発言。
さらに保険金の使い道について、家族を揶揄する発言も飛び出した。

井俣憲治町長:
うちの金銭的な害は、お前の保険で賄えんってことか

職員:
そうですね。うちの嫁が使いますね、きれいに

井俣憲治町長:
娘が使うな。彼氏と旅行行くんだな。ハワイかどっか行くんだろ、お前の保険金で

これらの発言について、井俣町長はどう説明するのか。21日、本人を直撃した。

井俣憲治町長:
僕の声ですね…はい。彼が頑張れるようにという思いで、何の心配もなく行ってこいという思いで発した。親しき仲にもあってはいかん言葉の一つだというふうに今、認識するとこです

自身の発言について、手術に向けての激励の意味だったと釈明。

東郷町議会は、井俣町長への不信任案を提出予定で、来週召集する予定の臨時議会で可決された場合、町長は議会を解散するか辞職の選択を迫られることになる。
(「イット!」11月21日放送)

イット!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加