山本コウタローさんが願った核廃絶 ライフワークだった平和活動とは 広島・長崎原爆投下から77年

山本コウタローさんが願った核廃絶 ライフワークだった平和活動とは 広島・長崎原爆投下から77年

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/08/06
No image

1989年、参院選に立候補する直前の山本コウタローさん(当時40)。環境問題と男女平等を旗印にしていた

脳内出血のため7月4日に急逝した、歌手の山本コウタローさん(享年73)。山本さんといえば、1970年の日本レコード大賞新人賞を受賞した「走れコウタロー」などの大ヒット曲を持つ歌手という印象が強いが、他にもラジオパーソナリティー、コメンテーター、さらには白鴎大学(栃木)で33年にわたり教壇に立ち、定年退職を迎えた2019年に同大の名誉教授となった。そして、忘れてはならないのが核兵器廃絶へ向けた活動と高齢化が進む被爆者への支援だ。

【写真】講演する山本コウタローさん8月6日、77回目の原爆忌を迎える広島。広島市安佐北区にある被爆者のための特別養護ホーム「倉掛のぞみ園」は山本さんと縁が深い。運営する財団法人広島原爆被爆者援護事業団の事務局・清水英隆主幹は、「突然の訃報(ふほう)にとても驚いた」と話し、こう続けた。

「当園は1992年に開設されたのですが、建設費用に多額の寄付をして下さったのが山本さん、南こうせつさんらが中心となって86年から95年までの10年間開催した通称『広島ピースコンサート』なんです。このコンサートは95年でピリオドを打ったものの、その翌年から、お二人に大友康平さん(ロックバンド「ハウンドドッグ」のボーカル)を加えた3人で毎年8月6日に来園され、ボランティアライブを行うのが恒例でした」

しかし、2020年1月あたりからのコロナ禍のため、19年8月6日の25回目を最後に中断せざるを得なくなった。

「再会を願っていたのですが、山本さんの姿をもう見ることができないかと思うと残念でなりません。入園されている方々もガッカリするでしょうね」と清水さんはため息をついた。

筆者は、山本さんが70年代にパーソナリティーをしていたTBSの深夜ラジオ「パックインミュージック」のリスナーで、過去に2度、山本さんにインタビュー取材している。その時のテーマは広島や被爆者とは別であったが、雑談の中で「広島平和コンサート」や反戦への熱い思いを語ってくれた。それをベースに、新たな取材を加えて山本さんがライフワークの一つとして向き合ってきた平和活動を紹介したい。

山本さんが戦争や平和について考えるようになったのは、小学生のころだったという。

「テレビのドキュメンタリー番組で第2次大戦の悲惨な映像を見て、『絶対にダメだ』と思ったのがきっかけですね。父親が上智大学在学中に学徒出陣してまして、結核を患ったため除隊になったのですが、大勢の友人たちが戦地で亡くなり、帰って来られなかった。さぞかし無念だったと思います。ただ、父は『(あんな時代だったから)仕方ない』とも言うんですよ。それを聞いて子ども心に『大きな危機を迎える前にその芽を摘み取るような、仕方がある生き方をしよう』と思いましたね」

社会問題への視点は、10代の多感な時期に学生運動やベトナム反戦運動などの洗礼を受けたことによって育まれたことは想像に難くない。それでいながら、持ち前の朗らかな人柄からだろう、レパートリーは「走れコータロー」のセリフパートで当時話題になっていた公営ギャンブルをパロディーにしたり、セカンドシングル「ハナゲの唄」で大気汚染を揶揄(やゆ)するなど、コミカルな歌詞の中にもチクリと「ひと刺し」入れるのが特徴だった。

その後、約2年間の米国生活を経て、帰国後に芸能活動を再開。歌手とともにタレントとしても活躍した。

そんな多忙のなか、86年にスタートさせたのが『広島ピースコンサート』だった。

当時を知る広島県の元地元紙記者はこう言う。

「84年に“エチオピア飢餓救済”を目的にしたチャリティーコンサート『ライブ・エイド』がポール・マッカートニーやクイーン、ミック・ジャガーらが参加して英国と米国で開催され大成功しました。次いで85年に“アフリカ飢餓救済”のため『USAフォー・アフリカ』が立ち上がり、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダー、シンディ・ローパーらが歌った『ウィー・アー・ザ・ワールド』がメガヒット。その日本版を山本さん、南こうせつさんらで企画したのです」

テーマは核廃絶。当時、旧ソ連はゴルバチョフ政権になってレーガン・米大統領との間で核軍縮交渉が進んでおり、また86年4月に発生したチェルノブイリ原発事故の影響もあって、反原発、反核兵器運動は世界的な広がりを見せていた。

「キャッチコピーは“平和がいいに決まってる”。関心の高さから、『ギャラ無し、交通費無し』の完全ボランティアながら、財津和夫さん、イルカさん、爆風スランプさん、それに韓国からチョー・ヨンピルさんも駆けつけ、総勢34人・組が8月5、6の両日、市内の広島修道大学キャンパスでのコンサートに参加しました」(元地元紙記者)

その際、訪れた広島市内の被爆者擁護ホームを慰問に訪れ、入居定員をはるかに超える待機者がいることを知って衝撃を受けたという。

「原爆やその後遺症で家族を失った身寄りのない方が多くて、『これは何かしなくては』と。それで翌87年から新たに養護ホームを建設する資金を寄付するためと核廃絶・平和を願い、正式名称を『HIROSHIMA ’87-’97』に変えてコンサートを毎年開催することにしました」(山本さん)

大友康平さんが、出演だけでなく主催者に加わったのも87年からだ。

YouTubeにアップされている同年のコンサート映像を見ると、大友さんは「一番、僕が感動したのは去年、南こうせつさんが『こんな言い方すると失礼かもしれませんが、被爆をなさった方の病棟とかベッドとか施設が非常にひどい。いい施設を作るために金を稼ごうじゃないか』と。その言葉が一番わかりやすかった」と、参加することになったきっかけを話している。

そして安全地帯、佐野元春さん、尾崎豊さんら27人・組のミュージシャンが広島サンプラザホールに集い約7千万円を広島市に寄付。以後、95年まで毎年コンサート収益金の寄付を続け、総額は約1億6400万円にのぼった。

「この間、92年7月に300人収容の倉掛のぞみ園が完成していますので、当初の目的は果たされたわけです」(元地元紙記者)

コンサートは幕を引いたものの、その後も8月6日に山本さんら3人が倉掛のぞみ園を訪問し、ボランティアライブを続けていたのは前述の通り。

その一方、白鴎大学では環境問題を中心に教えていたが、「時事問題を通じて平和についても学生に考えてもらっている」と山本さんは話していた。

「暴力は一人ひとりの心に潜んでいると思うんです。だから、まずは平和の心を持つことが大事。平和な心、それはお互いに違いを認め合い、与え合う心じゃないですかね」(山本さん)

ロシアのウクライナ侵攻から5カ月。日々の戦況をニュースで知り、山本さんはさぞかし心を痛めていたであろう。

南さんは、自身のHPにアップした追悼文にこう記している。

「彼はいつも弱い人の立場から、社会の不公平感を自問自答しながら笑顔で生きていたイメージがあります。出会って52年、また一緒に歌いたかったです。お悔やみ申し上げます」

(高鍬真之)

*週刊朝日オンライン限定記事

高鍬真之

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加