これスゴい。アルコール0.7%のクラフトビール「正気のサタン」が美味しすぎる

これスゴい。アルコール0.7%のクラフトビール「正気のサタン」が美味しすぎる

  • CanCam.jp
  • 更新日:2022/08/06

ここ最近、いわゆる「ノンアルコール・低アルコール」の飲み物がどんどん増えてきています。確かに周囲を見ていても「飲み会でお酒を飲まない人」が増えている気もしますし、「モクテル(ノンアルコールカクテルの総称)」を取り扱っているお店もよく耳にします。

そんな中で、ついこの間まで週7で家飲み&外飲みを楽しんでいた酒好きライターの私ですが、「さすがに酒量多すぎじゃない?」とふと気づいたのと、5月末から本格的に始めたダイエットの兼ね合いで、試しにどこまで家で断酒をできるのかトライ中。
しかし、10年以上大の酒好き人生をやってきたものですから「たまにすっごくお酒を飲みたい日」がふとやってきます。そんなときに飲んでいるのが「ノンアルコールビール」や「低アル」。

そしてこのたび、とんでもなく素晴らしい低アルコール飲料を発見してしまいました。

No image

パッケージのヤギちゃんかわいい。

*アルコール0.7%なので、酒税法上「ビール」ではなく「炭酸飲料」扱いのようです。これなら飲んでもギリギリ「断酒」になるのでは?と自分に甘い私。

製品コンセプトは「平日夕食時に、酔わずに心を満たせる、低アルなのにフレーバーフルな醸造系クラフトドリンク」。おいしそう。従来のノンアルビール&低アルビールは一般的な「ラガー」スタイルが多いのに対し、クラフトビールで最も人気のある「エール」スタイルの「IPA(インディアペールエール)」の味わいを追求したものとなっています。

この「正気のサタン」を製造・販売しているのは「よなよなエール」「水曜日のネコ」など、味も名前も個性的なクラフトビールを多数手掛けているヤッホーブルーイング。
本題と全然関係ないんですけど、よなよなエールの会社って星野リゾートの代表が創業したって知ってました? 私最近本を読んでいたら初めて知って「そりゃあ心掴んでくるはずだわ…」とめっちゃビックリしました。

No image

というわけでいざ、飲みます!!! いただきまーす!

一口飲んだだけでわかったんですけど、これ、めちゃくちゃ美味しい!!!
ものすごくフルーティーでジューシー。まさにIPAの味わいです。本当にこれ、アルコール0.7%なんだろうか。

これまでは「本当はビールを飲みたいけど、今日は妥協してノンアルにしておくか」っていうテンションでノンアルや低アルを飲む方もいらっしゃるのではないかと思いますが、個人的には「シンプルに美味しすぎて、これが飲みたいから結果的に低アルコールビールになる」くらいのスマッシュヒットな美味しさ。コンセプト通り酔わずに心満たされました…。すごい。

美味しすぎて最初の半分くらいおつまみなしでゴクゴクいってしまったのですが、ふと思い立って途中で冷凍庫のエビとブロッコリーのガーリック炒めを作って合わせてみたらめっちゃ合いました。酒(?)が進む。なんとなく白ワインに合いそうなものがぴったりな気配がします。

あまりの美味しさに「いったいどうやって作られてるんだ?」と調べてみると、「正気のサタン」何やらこだわりがいろいろすごいです。

・クラフトビールと同じ製法、原材料を使用。理想のバランスにたどりつくまで半年で100通りの実験を行った

・パッションフルーツやライチのような香りの「シトラ」、マンゴーやパパイヤなどのトロピカルフルーツのような甘みのあるフルーティーな香りの「モザイク」など7種類のホップを使用

・ノンアル・低アル製品の課題「薄い水っぽさ」「甘い麦汁感」を、小麦やオーツ麦の使用、麦芽料の温度管理で発酵を厳密に管理するなどの工夫で払拭

・世界五大ビール品評会のひとつ「インターナショナル・ビアカップ2021」で金賞を受賞、さらに金賞受賞の銘柄の中から特にすぐれたビールにカテゴリーごとに送られる「カテゴリーチャンピオン」を「アザースペシャリティ」部門で獲得。

そりゃあ美味いわ。

現在、この「正気のサタン」は、東京都内のセブンイレブン限定で先行発売中。今後公式通販サイトでも9月上旬以降に発売予定。さらに樽製品が公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」で開栓されています。
「いい感じの低アルコールビール」をお探しの方はもちろん、「とにかく美味しい飲み物が飲みたい」という方もぜひ試してみて!

構成/後藤香織

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加