石川佳純&平野美宇ペアが全日本棄権 シングルスのみ出場へ パリ五輪代表選考対象

石川佳純&平野美宇ペアが全日本棄権 シングルスのみ出場へ パリ五輪代表選考対象

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2023/01/27
No image

石川佳純(左)と平野美宇

「卓球・全日本選手権」(25日、東京体育館)

女子ダブルスで、東京五輪代表の石川佳純(29)=全農、平野美宇(22)=木下グループ=組の棄権が発表された。今大会の第2シードで、26日に初戦を控えていた。大会主催者によればダブルスのみの棄権で、それぞれシングルスには出場するという。

今大会は、シングルスは24年パリ五輪代表選考ポイントの対象となっており、優勝者には60点が加算される。

平野はこの日、インスタグラムに「全日本選手権のダブルスを私の足の不調により、棄権することにいたしました」「シングルス戦に全力を尽くしたいと思います」などと投稿した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加