計画から半世紀 西九州新幹線 開業 JR長崎駅では長濱ねるさんらの合図で出発 諫早では内村航平さんが出迎え

計画から半世紀 西九州新幹線 開業 JR長崎駅では長濱ねるさんらの合図で出発 諫早では内村航平さんが出迎え

  • NBC長崎放送
  • 更新日:2022/09/23

JR長崎駅と佐賀県の武雄温泉駅を結ぶ西九州新幹線が23日開業し、一番列車の出発に合わせて沿線の各駅では早朝から出発式が行われました。

午前4時過ぎのJR長崎駅。
西九州新幹線の長崎発の一番列車となる「かもめ2号」の自由席への乗車を求める人たちで早朝にもかかわらず、長蛇の列ができていました。

横浜から:
「今まで新幹線の一番列車って乗ったことないのと、徹夜で並ぶ機会ってなかったんですよ。自分にとっては貴重な経験になったなと」

大阪から:
「楽しみ」「景色を見るのが楽しみ」

午前5時からは出発式が行われ、長崎市出身のタレント長濱ねるさんが記念すべき開業日の一日駅長に任命されました。
長濱ねるさん:
「今日という一日がこれから県民の皆さんにとって、そして長崎を訪れる皆さんにとって希望となりますよう、かもめが末永く愛されていきますよう精いっぱいつとめます」

【写真を見る】計画から半世紀 西九州新幹線 開業 JR長崎駅では長濱ねるさんらの合図で出発 諫早では内村航平さんが出迎え

一番列車の運転士を務めたのは諫早市出身の西尾麻衣子運転士で、出発に先立ち安全宣言を行いました。

西尾麻衣子運転士:
「私たちは新幹線乗務員として、これまでの新幹線が作り上げてきた安全の伝統を引き継ぎ、たゆまぬ努力で徹底した安全運行につとめます」
長崎駅から佐賀県の武雄温泉駅までのおよそ66キロを最速23分で結ぶ西九州新幹線。
武雄温泉駅で特急リレーかもめに乗り換える対面乗り換え方式で、長崎ー博多間の所要時間はこれまでより30分短縮し最速1時間20分となります。

東京から:
「子どもたちと一緒に(列車に)乗ることよくしてますけど、すごく記念になると思って嬉しいです」
福岡から:
「ドキドキしてます、できればもっと早く全線つながってほしいと思います」

そして午前6時17分──

長濱ねるさんと長崎駅長:「出発!」

内野記者:
「長崎発の新幹線かもめ一番列車がいま動き出しました、西九州新幹線いよいよ開業です」

長崎駅を出発した一番列車はおよそ9分後に次の停車駅の諫早駅に到着。
一日駅長として出迎えたのは諫早市出身の元体操選手内村航平さんです。
内村航平さん:
「右手を上げる合図なんですけど、これまで散々体操で右手を上げてきたので、同じように美しく上げたいと思ってます」

その後、午前7時31分には、武雄温泉発の下りの一番列車が長崎駅に到着しました。
佐賀県唐津市から:
「本当に噂通りあっという間に長崎駅に着いてびっくりしました」「すごく快適でした」
佐賀県小城市から:
「大村湾の方は非常に綺麗だったですけど、その間途中途中はトンネルが多いなっていう感じ」
(これから長崎に来る機会は増えそうですか?)
「いくらか増えるんじゃないですかね、便が良くなったからですね」
JR九州 古宮洋二社長:
「率直な気持ち、一番列車が出て安心しました。長崎の新しいスタートの日じゃないかなと思っています。これが次のステップにつながるように今後我々も色んな事に取り組んでいきたい」
計画から半世紀を経てついに開業した西九州新幹線。
武雄温泉から新鳥栖までの整備方式はいまだ見通しが立たないなど課題も残されていますが、これから地域の活性化に大きな役割を果たすことが期待されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加