パリ五輪選考レース「MGC」の進出条件を発表 男子は前回より1分水準アップ

パリ五輪選考レース「MGC」の進出条件を発表 男子は前回より1分水準アップ

  • 月陸Online
  • 更新日:2021/11/25
No image

日本陸連は11月25日、2024年パリ五輪マラソン選考レースとして行われる「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の進出条件を発表した。

基本的には2019年と同様の形がとられているが、日本記録が2時間4分台に突入した男子は設定タイムが1分向上。また、新設されたジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ(JMCシリーズ)と連動され、JMCシリーズランキング上位者にもMGCへの出場権が与えられる。

日本陸連強化委員会中長距離・マラソンシニアディレクターの高岡寿成氏は、「東京では大迫(傑)君が6位、一山さん(麻緒、ワコール)が8位に入賞したが、それ以外の選手が力を出せなかったことが今後の課題。入賞まで持っていった日本のレベルをさらに引き上げることが目標です」とMGCを再び開催する意義を強調し、「世界に挑戦したい」と選手たちの今後の奮起を促した。

パリ五輪選考のMGCは2023年秋の開催が予定されている。パリ五輪の出場資格要項が未発表であるためMGCでの内定条件や内定人数などについては未定。パリ五輪の出場資格の要項が発表され次第、明確に策定していくとしている。

■MGC進出条件
男子
G1:1~3位+2時間10分以内、4~6位+2時間9分以内
G2:1位+2時間10分以内、2位~6位+2時間9分以内
記録(1本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間8分以内
記録(2本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間10分以内
シリーズ1・2 各ランキング上位8名

女子
G1:1~3位は2時間28分00秒、4~6位は2時間27分以内
G2:1位+2時間28分以内、2位~6位+2時間27分以内
記録(1本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間24分以内
記録(2本):JMC加盟大会および対象国際大会2時間28分以内
シリーズ1・2 各ランキング上位8名

共通
国際大会:2022オレゴン世界選手権8位以内、2022杭州アジア大会3位以内

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加