人気ゲーム「VALORANT」のeスポーツ選手が契約解除 過去に「レイシズム行為への加担と容認」

人気ゲーム「VALORANT」のeスポーツ選手が契約解除 過去に「レイシズム行為への加担と容認」

  • よろず〜ニュース
  • 更新日:2022/08/05
No image

プロゲーミングチームZETA DIVISIONは5日、人気FPSゲーム「VALORANT」GC部門所属のflappy選手との契約解除を発表した。同選手がチーム加入以前、不適切な行為に関与していた事実が確認できたためだという。

【写真】契約解除を発表したプロeスポーツチーム「ZETA DIVISON」

公式サイトによると、flappy選手について一部SNSで「チーム加入以前に不適切行為を行っていた」と投稿されたことから、同チームが調査していた。「ゲームプレイの公平性を意図的に損なう行為として、スマーフといったコミュニティ理論に反する行為、意図的な有利マッチングを行うパーティーでのプレイ参加行為を複数回行っていた」ことを確認。また「モラルに反する行為として、荒しやあおりアカウントの貸し借りといった行為、レイシズムといった社会倫理に反する表現を用いるプレイヤーたちとの、交友及びそれらの行為への加担と容認していた」と報告した。

続けて「上記の調査の結果、公平性を損なうプレイ及びモラルに反する行為が、複数回に渡り繰り返し行われていたこと、及び、異なる種類の公平性を損なうプレイ・モラルに反する行為が確認できました。このことから、flappyにおいてこれらの行為に関与することについては常習性があったと見られ、その関与の程度及び種類にかんがみると悪質性が高いと判断し、ZETA DIVISIONとしては本件を重く受け止め、2022年8月5日(金)付けでflappyとの契約解除を決定いたしました」と発表した。

また、契約解除に伴いVALORANT GC部門については、「現在出場中である『2022 VALORANT Champions Tour Game Changers Japan』への参加を辞退いたします」とした。

(よろず~ニュース・松田 和城)

よろず〜ニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加