アンソニー・ホプキンス『ファーザー』 5月公開決定!

  • cinemas PLUS
  • 更新日:2021/01/14
No image

名優アンソニー・ホプキンスの役者人生の集大成として、アカデミー賞有力候補となっている傑作『The Father(原題)』が、『ファーザー』の邦題で、5月、TOHOシネマズ シャンテ他にて日本公開されることが決定した。

本作は、世界30カ国以上で上演された傑作舞台の映画化で、年齢と共に誰もが経験する喪失と親子の愛を記憶や時間が混迷していく父の視点で描くという、これまでにない画期的な作品。先日12月31日に83歳を迎えた名優アンソニー・ホプキンスが自身と同名、同年齢、同誕生日の認知症の父親を演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞が有力視される本作。監督が当て書きしたというこの役を、ホプキンスは「自分の父をそのまま演じた」と語っている。

作品情報

監督:フロリアン・ゼレール (長編監督一作目)
脚本:クリストファー・ハンプトン(『危険な関係』アカデミー賞脚色賞受賞) フロリアン・ゼレール
原作:フロリアン・ゼレール(『Le Père』)
出演:アンソニー・ホプキンス(『羊たちの沈黙』アカデミー賞主演男優賞受賞) オリヴィア・コールマン(『女王陛下のお気に入り』アカデミー賞主演女優賞受賞) マーク・ゲイティス(「SHERLOCK/シャーロック」シリーズ)イモージェン・プーツ( 『グリーン・ルーム』)ルーファス・シーウェル( 『ジュディ 虹の彼方に』)オリヴィア・ウィリアムズ( 『シックス・センス』)
2020/イギリス・フランス/英語/97分/カラー/スコープ/5.1ch/原題:THE FATHER/字幕翻訳:松浦美奈/配給:ショウゲート
公式サイト:thefather.jp

シネマズ 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加