元DeNAユリエスキ・グリエル、マーリンズ入団の可能性薄まる 球団側が交渉ストップと米記者

元DeNAユリエスキ・グリエル、マーリンズ入団の可能性薄まる 球団側が交渉ストップと米記者

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2023/01/25
No image

ユリエスキ・グリエル(2021年9月12日撮影)

アストロズからFAとなった元DeNAのユリエスキ・グリエル内野手(38)が、合意に近づいているとされていたマーリンズとの契約の可能性が低くなった。

マイアミ・ヘラルド紙のクレイグ・ミッシュ記者が24日、伝えたもので、球団側が契約交渉をストップしたという。

キューバ出身のグリエルは14年にDeNAでプレーし、16年に亡命。同年7月にアストロズに入団し、昨季までの7年間で通算打率2割8分4厘、94本塁打、435打点をマークした。21年には打率3割1分9厘で首位打者のタイトルを獲得し、一塁手としてゴールドグラブ賞を受賞。昨季は146試合に出場し打率2割4分2厘、8本塁打、53打点だった。

24日付のヒューストン・クロニクル電子版は、グリエルがアストロズと再契約する可能性が残っているとし、他にツインズが契約先候補に浮上していると伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加