JOC選手ミーティング開催 女子重量挙げ三宅「情報共有できて安心」

JOC選手ミーティング開催 女子重量挙げ三宅「情報共有できて安心」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/08/01
No image

三宅宏実

日本オリンピック委員会(JOC)のアスリート委員会は31日、新型コロナウイルスの影響で来夏に延期された東京五輪の代表らを対象に、モチベーションの維持や情報交換などを目的としたミーティングをオンラインで開催した。

重量挙げ女子で五輪2大会連続メダルの三宅宏実(いちご)ら19競技から61人が参加。東京五輪・パラリンピック組織委員会との質疑応答も行われ、アスリートからは大会の簡素化やワクチンについての質問も出た。組織委からは簡素化に至った経緯などの説明がされ、コロナ対策に関しては秋以降に本格的に検討を進めていく方針が伝えられた。

アスリート委員長を務める陸上男子棒高跳びの沢野大地(富士通)は「どういったことが簡素化になるのか具体的に説明してもらった。不安が払拭(ふっしょく)された」と話し、三宅は「情報共有できて、安心もした。みなさんの顔を見られてほっとした。前向きになれた」と収穫を強調していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加