名画盗難事件を巡る感動の実話 「ノッティングヒルの恋人」監督の長編遺作、予告&ポスター公開

名画盗難事件を巡る感動の実話 「ノッティングヒルの恋人」監督の長編遺作、予告&ポスター公開

  • 映画.com
  • 更新日:2021/11/25
No image

ポスタービジュアルが公開 (C)PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020

ノッティングヒルの恋人」「恋とニュースのつくり方」などを手がけ、今年9月に死去したロジャー・ミッシェル監督の長編遺作「ゴヤの名画と優しい泥棒」の予告編が披露された。1961年、ロンドン・ナショナル・ギャラリーで実際に起きたゴヤの名画盗難事件の知られざる真相を描く。

No image

世界中から年間600万人以上が来訪し、2300点以上の貴重なコレクションを揃えるロンドン・ナショナル・ギャラリー。1961年、同所からゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗まれる。前代未聞の大事件の犯人は ケンプトン・バントン、60歳。長年連れ添った妻と優しい息子とニューカッスルの小さなアパートで年金暮らしをする、ごく普通のタクシー運転手だった。そんな彼が出した脅迫状には、「絵画を返して欲しければ、年金受給者のBBCテレビの受信料を無料にせよ!」と書かれていた。

No image

孤独な高齢者が、テレビに社会とのつながりを求めていた時代。彼らの生活を少しでも楽にしようと、盗んだ絵画の身代金で公共放送(BBC)の受信料を肩代わりしようと企てたのだ。しかし、事件にはもう一つの隠れた真相があった。

主人公ケンプトン・バントンを演じるのは、「アイリス」でアカデミー賞助演男優賞を受賞、「ハリー・ポッター」や「パディントン」シリーズなどで知られるジム・ブロードベント。長年連れ添った妻ドロシー役をオスカー女優のヘレン・ミレン、息子役は「ダンケルク」のフィオン・ホワイトヘッドが演じる。

No image

予告編は、ケンプトンが裁判官に起訴状を読み上げられる場面から始まり、名画盗難事件の裏側や夫婦の物語が映し出される。あわせて本ポスターと場面写真も披露された。

ゴヤの名画と優しい泥棒」は2022年2月25日から東京・TOHO シネマズ シャンテ他にて全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加