時津風親方退職勧告の懲戒処分 謝罪も「申し訳なかったという感じは受けなかった」

時津風親方退職勧告の懲戒処分 謝罪も「申し訳なかったという感じは受けなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/24
No image

時津風親方

日本相撲協会は22日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、1月の初場所中、マージャン店に通うなど、協会の定める新型コロナウイルス感染予防ガイドライン違反を繰り返した時津風親方(47)=元幕内時津海=の処分を協議し、懲戒解雇に次ぐ2番目に重い退職勧告を決議した。同親方はすでに退職届を提出しており、同日、受理された。退職金の30パーセント減額も決まった。

コンプライアンス委員会(青沼隆之委員長=元名古屋高検検事長)の調査では原則外出禁止の初場所中、マージャン店のみならず、風俗店、マッサージ店への出入りも発覚。「(初場所中の)1月18日から22日まで5日間にわたって、連日、東京都港区赤坂所在の麻雀(マージャン)店に出入りし、20日、同区新橋所在の風俗店に行き、23、24日、同区赤坂所在のタイ古式マッサージ店に行っていた」と明らかにされた。

同親方は昨年の秋場所前に宮城県に旅行し、ゴルフコンペに参加。2階級降格処分を受けている。同11月には八角理事長(元横綱北勝海)から再犯なら処分が厳しくなる旨を諭されたが、2カ月もたたないうちに規則を無視。「あろうことか風俗店にまで出入り」と断罪。累積で重い処分は避けられなかった。

初場所は緊急事態宣言下、新型コロナウイルスの全協会員検査し、力士65人を含む83人が全休。そんな厳戒の中、19人の弟子(力士16人)、部屋付き親方4人を抱える師匠が背信。協会は「感染していた場合、部屋の弟子に感染を拡大させ、1月場所の中止にもつながりかねなかった。非常に危険なもので身勝手。協会関係者の思いを踏みにじるもので師匠の自覚どころか協会員の自覚すらない。もはや相撲協会に在籍させ続けることは相当とはいい難く、退職勧告の懲戒処分が相当」と、結論付けた。

理事会では反対意見はなく、処分はまとまった。理事会には時津風親方も呼ばれ、処分が告げられた。理事長から「引き継ぎも迷惑をかけないように。一般社会でも厳しい目で見られるからしっかりやってくれ」と最後の言葉を送られた。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によれば、理事長から「何かないのか」と促された同親方は「どうもすいませんでした」と謝罪した。ただ、同部長は「見てる限りでは申し訳なかったという感じは受けなかった」と言う印象だった。

部屋は部屋付きの間垣親方(35)=元幕内土佐豊=が新師匠・17代時津風として継承することが決まり、同日付で承認された。同親方は高知県出身。東農大出身で時津風親方の後輩、部屋の大関正代、幕内豊山の先輩となる。2016年にタレントでマジシャンの小泉エリと結婚した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加