「すき屋でどうしてもピザが食べたい日」の牛丼とは?【激レアさんを連れてきた。】

「すき屋でどうしてもピザが食べたい日」の牛丼とは?【激レアさんを連れてきた。】

  • めるも
  • 更新日:2022/01/16
No image

1月10日、テレビ朝日系バラエティー『激レアさんを連れて来た。』(毎週月曜23時15分~)にマナリスさんという激レアさんが登場。
一見すると、特別なオーラもなく普通の青年に見える風貌にMCの若林は「スタッフが六本木通りから適当に連れて来た?」というマナリスさん。しかし彼は「803日間連続で牛丼チェーン『すき屋』を食べ続けている男」でした。しかもその理由が単にすき屋が好きだからではなく、ある「卑しい心」がキッカケだったと語られます。そのキッカケとは?そして牛丼を食べ飽きたマナリスさんは「ピザが食べたいとき」にトッピングを使って自ら考案した牛丼とは?

キッカケは「ニンテンドースイッチが欲しくて」

2年半前にニンテンドースイッチを欲しいと思ったマナリスさんが、資金を集めるために活用したのがメリカリ友達招待プログラム。これはマナリスさんが紹介した友達がメルカリに登録すると、1000円相当のポイントがマナリスさんと友人にもらえるというもの。このポイントでスイッチを購入する作戦でしたが、それを聞いた若林から「これは卑しいですね」とツッコまれるマナリスさん。しかしスイッチが買えるほどの人数に登録してもらわなければならず、マナリスさんが考えたのはSNSで登録コードを拡散するという作戦。そして賛同を得やすいようにキャッチ―で、しかも実現可能な「獲得したポイントは全て『すき屋』で使います」と書いたのでした。作戦は見事的中して10万円分を獲得。
ところが、予想外のことが発生。それは、SNSを見たユーザーたちが「必ずすき屋で使えよ」「常に見ているからな」とコメントしてきたのです。こうやってSNS民から監視されることになったマナリスさんは、公約どおり毎日すき屋に通い、食べたメニューの画像をTwitterにアップし続けたのでした。

ピザを食べたい日の「ねぎ玉牛丼+キムチ+3種のチーズ」

何日も連続ですき屋のメニューを食べているうちに飽きてきたマナリスさんは、トッピングを使ってアレンジ丼を考案しました。そこで番組では、すき屋全面協力でマナリスさんの考案した「究極のアレンジ丼」をスタジオで再現してMCやゲストで試食することに。
その中で俳優の林遣都が試食したのは「ねぎ玉牛丼+キムチ+3種のチーズ」のアレンジ丼。その丼を考案した理由をマナリスさんは「どうしてもピザを食べたい日があって」と語ります。その言葉にスタジオは大爆笑。「すき屋でピザを食べたいと思ったことがないから」と噴き出す若林でした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加