五輪開幕直前!  Galaxy S21 5G Olympic Games Editionを通常版と徹底比較

五輪開幕直前! Galaxy S21 5G Olympic Games Editionを通常版と徹底比較

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/07/22
No image

いよいよ7月23日に開幕を迎える「東京2020オリンピック」。コロナウィルスのために1年延期になったものの、コロナはいまだ終息せず。緊急事態宣言発令中の開催になってしまいました。また、ほとんどの会場が無観客となるなど、異例の大会となりそうです。

実は、昨年「Galaxy S20+ 5G」のオリンピックモデルが発売される予定でしたが、大会延期に伴い、発売が中止され、幻のスマホとなってしまいました。それから1年。今年5月19日に、最新機種「Galaxy S21」の東京2020オリンピック記念モデル「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition」が発表されました。とは言え「本当に発売されるだろうか?」と不安視する声も聞かれたのですが、6月3日からドコモオンラインショップで無事に発売が開始されました。

Galaxy S21 5G Olympic Games Editionの一括価格は11万2464円で、「スマホおかえしプログラム」を利用すると実質負担金は7万4976円(3124円×24回)。MNPで他社から乗り換える場合は、割引が適用されて、一括価格が9万464円、「スマホおかえしプログラム」利用で、6万320円(2512円×24回)になります。

ちなみに「Galaxy S20+ 5G」の通常モデルは、一括価格が9万9792円で、「スマホおかえしプログラム」利用で6万6528円です。つまり、通常モデルの価格に1万2672円を足せば記念モデルを買えて、2年使ってから端末を返す「スマホおかえしプログラム」を利用すれば、わずか8448円の差額で、記念モデルを使えるわけです。

はたして、記念モデルにはその価格差だけのプレミア感はあるのか? 通常モデルと比べてみました。

記念モデルは専用カラー「ファントムブルー」を採用

東京2020オリンピック記念モデルは「ファントムブルー」。インディゴとネイビーをブレンドした2020年のトレンドカラーの1つらしいのですが、Galaxyでは光の当たり方によって、やや紫っぽくも見えるグラデーションカラーが採用されています。

No image

東京2020オリンピック記念モデルは専用の「ファントムブルー」

No image

ロック画面にも同色の壁紙が設定されている

なお、通常モデルは「ファントムバイオレット」「ファントムブラック」「ファントムホワイト」の3色ですが、それぞれ高級感のある仕上がりなので、通常モデルが見劣りするわけではありません。

No image

Galaxy S21 5Gの通常モデルは3色

記念モデルは、サイドフレームとカメラ部にゴールドカラーが使われています。ギラギラした金色ではなく、色味を抑えた上品なゴールドなので、記念モデルとしてのプレミア感を高めている印象。

No image

サイドフレームは淡いゴールドカラー。右側面に音量キーと電源キーを搭載

No image

サイズは通常モデルと同じで、約71×152×7.9mmで、重さは約171g。5Gスマホの中ではコンパクトで軽い

No image

下部にUSB Type-CポートとSIMスロット。イヤホンジャックは非搭載

No image

カメラは広角+超広角+望遠の3眼。カメラ部にもゴールドカラーがあしらわれいる

No image

五輪マーク及び「WORLDWIDE PARTNER」と記されている

ちなみに、通常モデルは、それぞれのカラーに合わせて、同系色のサイドフレームになっています。

No image

左は通常モデル(ファントムホワイト)、右が記念モデル

No image

デフォルトのロック画面。通常モデルでは、右の記念モデルのロック画面は設定できない

No image

ホーム画面は一見似ているが、アイコンの形状など細かい部分が異なる

No image

ゴールドのカメラ部は、かなり印象が異なる

電源をオン・オフするたびに、プレミア感を味わえる

記念モデルは電源キーを長押しして起動すると、まず「docomo 5G」のロゴが表示され、しばらくすると、オリンピックをテーマにしたアニメーションが表示されます。その後「Galaxy」とオリンピックのロゴが表示され、ロック画面が表示されます。

ちなみに通常モデルでは、まず「docomo 5G」のロゴが表示され、しばらくすると「Galaxy」ロゴが表示され、ロック画面に切り替わります。スマホの電源をオフにする機会はそんなに多くはないでしょうが、再起動のたびにレアな記念モデルを持っている優越感に浸れること請け合いです。

なお、電源をオフにする場合も、同じように記念モデルだけのアニメーションが表示されます。

アプリアイコンやAlways On Displayも オリンピックの世界観に統一

スクリーンに表示される画面のデザインも、記念モデルだけの特別仕様になっています。画面をオンにすると、すぐに表示されるロック画面はもちろん、壁紙やアプリのアイコンも独自のものが初期設定されています。

No image

記念モデルのロック画面。Galaxy S21ではなく、Galaxy Z Fold2がデザインされている

No image

記念モデルのホーム画面。アイコンは五輪にちなんで円形。「電話」や「カメラ」など、基本アプリのアイコンはオリジナルデザイン

No image

ホーム画面の続き

No image

記念モデルのアプリ一覧画面

No image

アプリ一覧画面の続き

アイコンは円形で、基本アプリのアイコンにも独自のデザインを採用。クイック設定パネルや「設定」画面に表示されるアイコンの色も異なります。

No image

通常モデルのクイック設定パネル

No image

記念モデルのクイック設定パネル。アイコンの色がファントムブルー

No image

通常モデルの「設定」画面

No image

記念モデルの「設定」画面。アイコンの色が異なる

No image

記念モデルの「電話」アプリには、アスリートのイラストが表示される

Galaxyにはロック画面でも現在時効や通知などを確認できる「Always On Display」という機能があります。記念モデルでは、「Always On Display」を有効にした場合、東京2020オリンピックのマスコット「ミライトワ」が表示されるように初期設定されています。

No image

画面をオフにしても、現在時刻など最低限の情報が表示される「Always On Display」にも、オリジナルデザインが設定されている

ほかにも記念モデルだけの隠された機能があるのでは? と、着信音やカメラのフィルターなどを比較してみましたが、ほかの機能はすべて共通しているようでした。

記念モデルには2つのアプリをプリインストール

記念モデルには、東京2020オリンピック公式の「Olympics」アプリと、安全にスポーツをするためのウォーミングアップなどを学べる「Get Set」というアプリがプリインストールされています。どちらもIOCが提供するアプリで、機種を問わずにダウンロードできるので、これは記念モデルの優位性とは言えないようです。

No image

東京2020オリンピックの最新情報がわかる公式アプリをプリイン

No image

ワークアウトのウォーミングアップやクールダウンに役立ちそうなコンテンツが充実している「Get Set」。ただし、残念ながら日本語には非対応

なお、通常モデルには「Galaxy Global Goal」という、SDG'sの目標達成の貢献できるアプリがプリインされていますが、記念モデルにはプリインされていませんでした。おそらく、「Galaxy Global Goal」は主にロック画面を用いるアプリなので、これを使うことによりオリンピック記念モデル専用の機能に制約が生じるからでしょう。しかし、記念モデルでも「Galaxy Global Goal」アプリをダウンロードして、追加することはできます。

【まとめ】次がいつあるのかわからないので コレクターズアイテムとして買うのもいいかも

ここでは、Galaxy S21 5Gの基本性能については触れませんでしたが、サブ6の5Gに対応するスマホの中ではトップクラスの性能を有していて、カメラ性能も高く評価されています。気になる人は、ぜひGalaxy S21 5Gの紹介記事やレビューもチェックしてください。Galaxy S21 5G Olympic Games Editionは、Galaxy S21 5Gの機能をそのまま搭載して、外からも内からもOlympic Games Editionだけのデザインが施されたモデル。なお、初期設定時には、こんな画面も表示されました。

No image

初期設定時に表示される画面

独自機能は2024年6月まで自動更新されるとのこと。通常モデルと比べて、そんなに価格差があるわけではないので、人とはちょっと違うスマホを使いたい人にはいいかもしれません。Galaxyの最新モデルですから、機能面で不満を感じることも少ないでしょう。

No image

■関連サイト

Galaxy

村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加