【三浦泰年の情熱地泰】胸を打ったパラリンピック選手の姿。そのメンタルの強さを想像して前へ進みたい

【三浦泰年の情熱地泰】胸を打ったパラリンピック選手の姿。そのメンタルの強さを想像して前へ進みたい

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/09/15
No image

2020東京大会の閉会式。多くの感動のシーンを残して大会は幕を閉じた。(C) Getty Images

No image

東京パラリンピックで初の銀メダルを獲得した車いすバスケットボールチーム。多くの種目で日本の選手たちが奮闘した。(C) Getty Images

鈴鹿での生活も2か月が経った。

オリンピックの後にはパラリンピックで盛り上がり、約1か月半にわたった「2020東京オリンピック・パラリンピック」も終了。この時期に、僕の鈴鹿でのチャレンジがスタートされた。
自国開催ということもあり、連日のメダル獲得ラッシュに感動のしっぱなしであったが、2021年という1年の延長を耐え忍んで2020オリンピック・パラリンピックを迎えることになった選手たちのワンシーンワンシーンは、人々に感動を与える素晴らしいものになった。

そして僕にとっても、JFLの監督という新天地での仕事をしながら迎えたオリンピック・パラリンピックだっただけに、同時に刺激とモチベーション(やる気)をもらいながらTVの前で応援させてもらった。

メダルの獲得など関係なく、全ての選手を尊重、リスペクトしたくなる大会がオリンピック・パラリンピックであるが、特にパラリンピックにおいて表彰台に立つ選手には恐ろしいくらいのオーラを感じた。

これは何かが違う、心を打たれる一瞬であった。

数週間前まで行なわれたオリンピックでは、金メダルに感動し、銀メダルに悔しさを感じ、でも凄いと納得しようとする自分。同じように選手も次への目標を「金メダル」に定め目の前の結果を受け入れようとする選手たち。

そのオリンピック選手とは何かが違うパラリンピック選手のメダル。

この違いは表彰台の上のオリンピック選手には努力と強い「才能」を感じた一方で、パラリンピック選手には「努力」と、より強い「気持ち」、超人のメンタルの強さを感じたからかもしれない。

パラリンピックの種目ごとに、そのスポーツをプレーすることの大変さを想像してみたら、彼らの勝利というゴールへの向き合い方には本当に頭が下がる思いだ。健常者ではとうてい持ち得ないだろうと思うくらいのメンタルの強さ。僕はパラリンピックの表彰式でインタビューに答える選手たちの姿に、大きな拍手を送りたくなった。

僕のような立場の人間がパラリンピックを語るなど申し訳ないが、素晴らしい選手団が勝ち取ってくれたメダルの数と感動の数に感謝の気持ちでいっぱいである。
今年は本来であれば、僕の住む鈴鹿市では三重県国体が行なわれるはずであった。しかしコロナの影響で緊急事態宣言が発令され延期。延期と言っても、6年後に延期されるということは実質、生徒や選手のことを考えれば中止ということであろう。

この時期に合わせて強化してきた学生(年代)たちのチャンスは国体という形では発揮できないということになる。
そして鈴鹿と言えばサーキット。今年行なわれるはずであったレースも中止になったと言う。聞いた話では鈴鹿市によるサーキットの経済効果は通る車1台に付き4万円。それほどのお金を鈴鹿に落としてくれるらしい。

もちろんコロナ禍の影響を受けている人たちはたくさんいると思うが、そんな時だからこそ「やらない」という美学から、なんとか「トライ」してみようという美学へと変わっていきたいのだが、まだまだ我慢は続きそうである。

僕の所属する鈴鹿ポイントゲッターズも三重県で緊急事態宣言が出て試合は非公開、無観客。練習場、試合会場も用意するのが難しいという中で、リーグは進行している。

オリンピック、パラリンピックで分かるようにスポーツの力は本当に大きなモノだと思う。

各リーグ、各クラブ、各チーム。こういう時期でありながら対策、予防、工夫をして練習、試合を行なっている。コロナ感染は悪いのはウイルスであり、感染した人ではない。

チームが目標を達成するために一人ひとりがサッカー人としての自覚を持ち、出来ることをやっていく。前へ進む事を考えて……。

パラリンピックで目標を達成した選手たちのメンタルを想像しよう。僕たちも、もっとやれるはずだ、出来るはずだ。努力が足りない。

そう思いながら鈴鹿の1日が終わる……。また明日、一所懸命に走ろう!!

2021年9月15日
三浦泰年

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加