事件当日、金づち・ライター購入 「放火する」メモ 老人ホーム殺人

事件当日、金づち・ライター購入 「放火する」メモ 老人ホーム殺人

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/06/23
No image

"事件があった住宅型有料老人ホーム=2021年11月17日、大阪市平野区長吉川辺3丁目、華野優気撮影"

大阪市平野区の老人ホームで昨年11月、1人で当直勤務中だった女性職員(当時68)を殺害したとして、大阪府警は23日、入居者で直後に自殺した石川誠治容疑者(当時72)を容疑者死亡のまま殺人容疑で書類送検し、発表した。

消防到着時には死に至るCO濃度 写真を公開 大阪・クリニック放火

府警によると、容疑者のノートには職員を殺害後、ホームに放火して他の入居者を殺害し、自殺する計画が書かれていた。事件当日に凶器の金づちやライターを購入していたという。

平野署によると、送検容疑は昨年11月16日午後10時半ごろ、大阪市平野区長吉川辺3丁目の住宅型有料老人ホーム1階の事務室で、職員の榊(さかき)真希子さんを金づちで複数回殴って殺害したというもの。石川容疑者はホーム敷地内で遺体で発見され、府警は7階の自室から飛び降りたとみている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加