ナダルの偉業、「全仏オープン」のトロフィーは自身の博物館へ

ナダルの偉業、「全仏オープン」のトロフィーは自身の博物館へ

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2020/10/20

「全仏オープン」で13回目の優勝を遂げたラファエル・ナダル(スペイン)は、妻や妹、両親、コーチのカルロス・モヤ氏と共にマヨルカ島へ帰った。優勝トロフィーは彼のアカデミーにあるラファ・ナダル博物館に展示されるだろう。ナダルの達成した数々の偉業をTennis World USAがまとめた。おそらくこれまでに最も重要な試合の一つで、ナダルは世界王者ノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-0、6-2、7-5

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加