4戦ぶり復帰のハム中田、NPB通算1000出場試合に華添える13号2ラン

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/13

首痛から復帰、第2打席には左中間を破る二塁打

日本ハムの中田翔内野手が、通算1000試合出場を達成した。13日のソフトバンク戦(ヤフオクD)。左足首痛の影響で3試合連続でスタメンから外れていた中田は、「4番・一塁」で4試合ぶりに先発出場。4回1死での第2打席では左中間を破る二塁打を放った。

2007年の高校生ドラフト1位で、大阪桐蔭高から日本ハムに入団した中田。2年目の2009年5月23日のヤクルト戦(札幌D)に「7番・DH」で先発したのが、プロ初出場だった。5回で試合が成立し、1000試合出場が場内にアナウンスされると、球場全体が大きな拍手に包まれ、その直後、6回無死一塁では左中間スタンドへ飛び込む13号2ランを放った。(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
広陵の中村選手、甲子園の新たなヒローに 母への「恩返しで今日も頑張りたい」
元木大介、広陵・中村と早実・清宮を比較「何かを持っている」のは...?
中日森監督「あいさつできた」長女の葬儀後初勝利
今年の甲子園は9回で試合がよく動いた!編集部が選ぶベストゲーム3試合!
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加