長崎の女子高生・広中が7人抜きで区間新 都道府県女子駅伝

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/14

「全国都道府県対抗女子駅伝」(14日、京都市西京極競技場発着=9区間)

兵庫が2時間15分28秒で14年ぶり4度目の優勝を果たした。2位は京都。3位は長崎が入った。

長崎4区の広中璃梨佳(17)=長崎商=は、28秒差の8位から実業団や大学の選手7人をごぼう抜きし、トップでたすきをつないだ。12分32秒で区間新記録も達成。16年の3区、昨年、今年の4区と3年連続で区間賞を獲得した。

昨年は11人をごぼう抜きして注目を浴びたが、レース後には「自分の考えていたレース展開ができなかった」と話していた。さらなる成長を遂げた高校2年生は、今年は終盤の強さを発揮し「最初より後半に(ペースを)上げることを考えた」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【遺言でユーモア炸裂】亡き妻が夫に残した言葉「植木に水をやってね」に隠された衝撃の真実
城島茂の貯金額告白に、後輩ジャニーズ「生々しい」
火山噴火をバックに歩く猫があまりにも勇ましかったのでコラ職人がんばる
”東京大雪の日に舞い降りた妖精”福島雪菜 初水着グラビアに反響続々
V6・森田剛&宮沢りえ“デキ婚”報道の裏に、りえ本人の「実は妊娠したんです」発言あった
  • このエントリーをはてなブックマークに追加