「ゴール下敷き 二度と」 大川市の男児死亡事故1年

「ゴール下敷き 二度と」 大川市の男児死亡事故1年

  • 西日本新聞
  • 更新日:2018/01/12

福岡県大川市の川口小で、当時10歳の男子児童がハンドボール用ゴールの下敷きになって死亡した事故から13日で1年。市内の全小中学校12校で12日、集会などが開かれ、再発防止を誓った。

同市中古賀の三又小(武下英俊校長、163人)では全校集会を開き、黙とう。その後、児童代表が廊下の曲がり角など、校内の危険箇所を発表し、注意を呼び掛けた。武下校長は「事故は二度とあってはならない。危険な場所はお互いに声掛けして、命を守りましょう」と呼び掛けた。

大川市教育委員会は、事故の風化を防ごうと1月13日を「学校安全の日」と定め、来年以降も小中学校で安全意識を高める取り組みを実施していく。

=2018/01/12付 西日本新聞夕刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【刑事事件】逮捕された広瀬すず兄の趣味が判明 / ガンダム好きで未成年飲酒も発覚 / 日常的にわらび餅やラーメンを摂取か
「異常で、いきすぎたセックス」の末の悲劇......タイ人女性の“全裸転落死”で、英国人男性を逮捕
【自業自得】ひどい煽り運転&黄色線無視の軽自動車。しかしパトカーが超加速で検挙!
九州の空に変な雲!? 実はロケット打ち上げ
男は供述 「韓国で泥棒ができなくなり日本に来た」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加