最新ランキングをチェックしよう
アリに寄生して「ゾンビ化」させるカビは宿主の筋肉だけを巧みに操る

アリに寄生して「ゾンビ化」させるカビは宿主の筋肉だけを巧みに操る

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/07/18

by Katja Schulz
タイワンアリタケ(Ophiocordyceps unilateralis)と呼ばれる真菌(カビ)類に寄生されたアリは意味もなくうろつくようになり、最終的に頭部から胞子をばらまき、感染者を増やしながら死んでいくことで知られています。まるでアリをゾンビのようにしてしまうタイワンアリタケの寄生メカニズムについて、ペンシルバニア州立大学の研究チームが新しい論文を発表しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケルピーとディンゴにはDNAの共通点がないことが判明!【研究結果】
83%の精度で10年以内の死亡率を血液から予測できる14の因子が発見される
老化した脳細胞に「自分はまだ若く柔らかい脳の中にいる」と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)
わずか原子10個分の厚さしかない断熱材が開発される、電子機器の小型化に役立つ可能性
インフルエンザが原因?敗血症になった女児、両手足を切断「誤診だ」と医師を非難する声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加