伝統ある風情と格式「城崎温泉 西村屋本館」は、懐かしい旅情を感じる老舗旅館

伝統ある風情と格式「城崎温泉 西村屋本館」は、懐かしい旅情を感じる老舗旅館

  • トラベルjp<たびねす>
  • 更新日:2017/11/12
No image

伝統ある風情と格式「城崎温泉 西村屋本館」は、懐かしい旅情を感じる老舗旅館

兵庫県豊岡市にある城崎温泉は、柳が揺れる川沿いに、大小の旅館や土産店が軒を並べる情緒ある温泉街です。趣ある七つの外湯を、宿泊客が浴衣姿で巡る「外湯めぐり」は、城崎温泉の楽しみのひとつとなっています。
城崎温泉「西村屋本館」は、江戸安政期に創業した老舗旅館です。老舗らしい風格、風情ある佇まいと宿泊者へのおもてなし。温泉やお料理、中庭を眺め、旅館旅情を堪能できる宿、西村屋本館をご紹介しましょう。

城崎温泉「西村屋」の歴史

No image

写真:きんぎょ 美歩

城崎温泉は、平安時代から知られる温泉地です。「西村屋」の創業は江戸安政期。若狭(福井県)の国から移り住んだ初代「西村佐兵衛」氏が、「御所の湯」の隣にあった「久美浜代官の陣屋敷跡」を譲り受け、旅館業を開業しました。

以来創業150年余。玄関前の大きな門扉や風情あるその佇まいにも、老舗らしい風格を感じることができます。

風情ある純日本旅館の佇まい

No image

写真:きんぎょ 美歩

「西村屋本館」では、門前に宿泊客のお出迎えがあります。荷物をさりげなく持ってくださるスタッフの対応も、最近では忘れかけている、温泉旅館の雰囲気そのままです。

玄関に一歩踏み込むと、外観そのままの、落ち着いた和風空間が広がります。
光の屈折した館内と庭のコラボも抜群で、館内一押しのビューポイントですよ!

No image

写真:きんぎょ 美歩

寄木板張りの床や天井の照明からも、ノスタルジックな雰囲気があふれる和風ラウンジ。
庭園を眺めながら、旅情浪漫にひたるコーヒータイムはいかがでしょうか。

庭園を臨む客室、展示室

No image

写真:きんぎょ 美歩

開業当初の場所に建つ「西村屋本館」は、山陰随一の純日本旅館ともいわれています。
西村屋には、豪華な露天風呂付客室や、重厚な書院造りの特別室「松の間」など、総部屋数は34室あります。

庭園は池を囲むように石灯籠や石橋が配置された池泉庭園です。自由に散策もできますよ。

No image

写真:きんぎょ 美歩

「本館」の客室は、庭を囲むように配置され、また、別棟「平田館」は昭和35年に数寄屋建築の巨匠といわれた「平田雅哉」氏により建てられたものです。
自然を活かした大きな窓や木目の色合いなど、和風モダンな雰囲気に設えられています。

No image

写真:きんぎょ 美歩

ほかにも館内には、歴史ある西村屋の所蔵品を展示した展示室があります。展示室には西村屋歴代の収蔵品のほか、渡辺崋山や棟方志功、魯山人など、文人や著名人から頂いた品々、城崎温泉の麦藁細工などの郷土民芸品の数々が展示してあります。
こちらもお見逃しなく!

館内のお風呂も、外湯めぐりも

No image

写真:きんぎょ 美歩

「西村屋本館」には、湯船も壁も総檜で造られた「吉の湯」と、石造りの円形が和モダンな雰囲気の「福の湯」があります。どのお風呂も露天風呂付で、時間による男女入替制です。
また、平田館には、庭園を眺めて入浴できる内湯「尚の湯」があります。

No image

写真:きんぎょ 美歩

「吉の湯」「福の湯」「尚の湯」

泉質:弱食塩泉
色:無色透明
温泉の効能:リューマチ、神経痛、皮膚病など

No image

写真:きんぎょ 美歩

城崎温泉といえば外湯めぐり。
城崎温泉の発祥「鴻の湯」、「御所の湯」や「まんだら湯」も宿から徒歩数分です。宿には無料で入浴できるバーコード付きストラップや、外湯めぐりのスタンプ帳も用意されています。浴衣を着て、下駄音を響かせて、外湯めぐりにもぜひお出かけくださいね。

季節の味を堪能する料理の数々

No image

写真:きんぎょ 美歩

最近では、食事を食事処のような別室でいただく旅館も多い中、西村屋本館では各客室で食事をいただきます。移動の必要もないため、グループや家族でゆっくりと食事を楽しむことができます。

四季折々、季節の素材を活かした会席料理が用意され、春には筍やほたるいか、夏は鮑、9月には紅蟹や松茸が。
旅館らしい専属のお部屋係により、タイミングよく次々に運ばれる、美しいお料理の品々をご堪能ください。食事の間には、女将さんのご挨拶もありますよ!

旅館ならではの旅情を満喫

「西村屋本館」で体感する旅館ならではの旅情は、忘れかけていた「日本旅館」の情景と、おもてなしそのものです。城崎温泉「西村屋」には、今回ご紹介した「西村屋本館」と、リゾートホテル形式の「西村屋招月庭」があります。
趣の異なるふたつの滞在を楽しんでみるのも、いいかもしれません。

アクセスは、山陰本線城崎温泉駅から徒歩15分程。城崎温泉駅からは、旅館組合のバスが運行され、各旅館の送迎を行っています。荷物だけお願いすることもできるので、手ぶらで街歩きも可能です。

温泉街の風情を満喫できる城崎温泉に、ぜひおでかけください。

関連MEMO

城崎温泉 旅館 西村屋本館

西村屋 招月庭

城崎温泉観光協会

城崎温泉旅館協同組合

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
英語の授業で黒板に「田中」の字?意味がわかった瞬間に大爆笑!
危険?安全?生理中のセックスの正しい知識
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
銀座クラブママがみた「一流の男」の条件
来年から「配偶者控除」改正、おもな変更点を荻原博子が解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加