台湾・蔡総統、プミポン国王の追悼会場で痛恨ミス、「大変な非礼」と驚きの声上がる―中国紙

台湾・蔡総統、プミポン国王の追悼会場で痛恨ミス、「大変な非礼」と驚きの声上がる―中国紙

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2016/10/19
No image

18日、環球時報によると、13日に死去したプミポン・タイ国王の追悼会場を訪れた台湾の蔡英文総統が、タイの国名のつづりを間違えるというミスがあったことが物議を醸している。資料写真。

2016年10月18日、環球時報によると、13日に死去したプミポン・タイ国王の追悼会場を訪れた台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が、タイの国名のつづりを間違えるというミスがあったことが物議を醸している。

17日午前に会場を訪れた蔡総統は国王の遺影に頭を下げ、「中華民国(台湾)を代表し、偉大な指導者を失ったタイ王室ならびにタイの人々に深い哀悼の意を示します」とのメッセージを英語で記した。その際、「Thailand」とすべきところを「Tailand」と記載した。総統府によると、蔡総統はその後、外交部を通してタイ側に謝罪しており、タイも理解を示したという。

このことに関し、台湾・実践大学の応用外語学部の教授は「信じられない」と驚きを示し、「一般的な場であれば誤字は小さなミスだが、国際関係の場では事情が異なる。大変な非礼だ。台湾がタイを重視していないと国際社会に思われかねない」とコメント。野党・国民党の関係者らも「本当に英語を勉強したことがあるのだろうか」「(東南アジア、インドとの関係強化を目指す)新南向政策を掲げているというのに」などと批判の声を寄せている。(翻訳・編集/野谷)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女子大生1000人以上のヌード流出で大騒動
韓国国民だけでなく、米中からも嫌われた朴大統領の失態
中国の財政赤字が拡大。地方の隠れ債務がこの数年で天文学的数字に
台湾のコンビニ店員、日本人客に誤って「バカ?」と聞き周囲凍りつく 言いたかったのは・・・=台湾メディア
彼女の誕生日にブレスレット発注、英語で「誕生日おめでとう」と刻印するよう頼んだら......とんでもない失敗でネットユーザー爆笑―台湾

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加