【秋華賞】モズカッチャン 華麗なる変身、太めの分が筋肉に

【秋華賞】モズカッチャン 華麗なる変身、太めの分が筋肉に

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/10/12

あえて強い負荷はかけなかった。モズカッチャンは坂路でグランセノーテ(4歳500万)の2馬身前でスタート。1Fほど走ったところで“追い付かせる”と、残り3Fは馬体を並べる形。とはいえ、決して強い負荷をかけたわけではない。4F57秒0は自身の最終追いで最も遅い数字。残り2Fも13秒6→12秒6にとどめ、最後まで追われることはなかった。モニター越しに動きを見届けた鮫島師は、計算通りとばかりに納得の笑みを浮かべた。

No image

坂路での追い切りでグランセノーテ(左)と馬体を並べるモズカッチャン

「トータル時計は遅いけど、しまい重点だからね。併せ馬で気合だけ乗せて…というイメージでした。1週前の動きこそピリッとしなかったけど、ビシッとやった日曜は良かったしね。これで申し分ない仕上がりになったんじゃないかな」

サンデーサイレンスの血を持たない、異色のハービンジャー産駒。初勝利がローカル小倉の未勝利ということもあって地味な存在だったが、500万とフローラSを連勝して一気に注目を集めた。オークスもソウルスターリングに完敗したとはいえ、3着以下には力差を見せつける2着。それを思えば、秋初戦だったローズS(7着)の内容が物足りないが、トレーナーは意に介さない。

「成長分があったとはいえ、前走の14キロ増には太めも残っていた。それに変にイレ込んだからね」

その上で「今回は大丈夫でしょう」と続ける。

「太めだった分が筋肉に変わって、体重も同じか、少し減るぐらい。見た目に締まった感じだよ。イレ込みについても秘策があるからね」

秘策の内容はあえて明かせなかったが、その表情は自信にあふれている。思えば、軽めの最終追いもイレ込み解消につながるはず。前走に続いて2回目の手綱となる“G1請負人”M・デムーロを背に、今度こそ真価を発揮する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
頑張って「待て」をする子柴ちゃん。気合が入りすぎてしまい → かわいすぎる反応を...(* ́艸`*)!
成宮寛貴さんの近影が話題、マッチョな体型に
多部未華子「顔が違う」騒動の余波!?櫻井翔の「首」にガッカリの声続出
蒼井優、自身の顔は「ほどほどの顔」と分析 “美人”評価の風潮に「苦手」
成宮寛貴、インスタで「丸刈りマッチョ姿」披露!! 山本裕典、江角マキコら引退芸能人は今
  • このエントリーをはてなブックマークに追加