大橋悠依が国体で2冠!同郷彦根の桐生9秒台に刺激

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15

<競泳:愛媛国体>◇15日◇愛媛・アクアパレット松山

今夏世界選手権女子200メートル個人メドレー銀メダルの大橋悠依(21=東洋大)が、滋賀代表として2冠で今季を締めくくった。

成年女子100メートル自由形を55秒41で優勝。続く同200メートル個人メドレーも2分10秒31で制して2冠を達成。「全国大会で100メートル自由形の優勝は初めて。タッチの差だと思いますが、びっくりしています」。“競泳界の100メートルを”制して、驚きの表情を見せた。

9日には同じ滋賀県彦根市生まれの陸上桐生祥秀が男子100メートルで日本新記録の9秒98を記録した。大橋は「東洋大最後の試合だったので、やってくれるだろうな、と思っていた。9秒を出して、日本中が大騒ぎになって私も頑張りたいなと思いました」と話して、「ジェット桐生」に刺激を受けた様子だ。

今季は飛躍のシーズンとなった。記憶に残るレースは同選手権400メートル個人メドレー決勝という。日本新記録や表彰台ではなく、4位でメダルを逃したレースを挙げて「あの悔しさが残っています」と神妙な表情。遅咲きの21歳は、まだまだ成長する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
マツコ・デラックス、力士姿を披露 イケメンぶりに有吉弘行が絶賛
【焼肉】この値段で“A5和牛食べ放題”!? 超コスパすぎて不安になる「たなか畜産」が肉好きの天国だった
教えて! ぶっちゃけ妊娠中も「セックス」してた?
ウソみたいだろ!iPhone Xが「Galaxy S8」に性能で劣ると話題になる!
紗栄子の「1歳終わりから英語教育」を林修氏が否定 「正論すぎる」と称賛の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加