黒人を棺桶に入れ「火をつける」と脅迫 白人2人組に国中が怒る(南ア)

黒人を棺桶に入れ「火をつける」と脅迫 白人2人組に国中が怒る(南ア)

  • Techinsight
  • 更新日:2016/12/01
No image

棺桶に入れられた被害者男性(右)とその母親(http://www.iol.co.za)

南アフリカという国において、白人による黒人への残虐非道な暴力行為はあとを絶たない。このほど2人の白人が、黒人の男性を棺桶に入れ「火をつけてやる」などと脅している行為を録画した動画が拡散、現在この白人らに対して南アフリカの国中から猛烈な非難の声があがっている。

事件が起こったのは今年の8月17日、最初の被害者はムプマランガ州ミドルバーグに住むダルトン・シットホールさんであった。

電力発電所のそばを歩くシットホールさんを見つけた2人組の白人は、シットホールさんが彼らの土地に侵入しようとしたと決めつけたという。

2人はシットホールさんの前に立ちはだかると「何をしているのか、どこへ行くのか」と問いただし、口論となった。白人の1人が車から銃を取り出して銃口を向けると、シットホールさんはその場から逃げ出したが、今度はもう1人の白人が軽トラックでシットホールさんに体当たりした。

彼らはシットホールさんをトラックで2人組の住む農場まで連れていき、そこで殴る蹴るの暴力を加えたのだ。するとたまたま通りがかったビクター・リーテバイル・ムロツワ(27)さんという別の黒人男性を見つけると、2人組はシットホールさんを解放、標的はムロツワさんに代わった。ムロツワさんは棺桶に押し込まれ、「棺桶にヘビを入れてやる」「ガソリンをかけて火をつけてやる」と脅された。

このあまりにも理不尽な一連の出来事について、証拠を持たないシットホールさんは警察への通報を半ば諦めていたが、2か月後にようやく警察へ事件を報告、すると警察は思いのほか迅速に動いた。

誘拐及び悪質な暴行罪として逮捕されたのはウィレム・ウーストハイゼンとテオ・マーティンズ・ジャクソン、いずれも白人の容疑者であった。

彼らが所持していた携帯からはムロツワさんへの暴行の様子を映した20秒ほど動画が発見されており、彼らの悪意に満ちた行為が記録されていた。この動画が流出、瞬く間に国中に拡散し、人々の怒りが頂点に達する事態となった。

逮捕から2日後の11月16日、最初の裁判が行われた。裁判所には被害者のムロツワさんと母、親戚などで満席、さらに裁判所の外にはムロツワさんが所属している与党「ANC(アフリカ民族会議)」の青年同盟らが歌と踊りで怒りを露わにした。

白人2人の裁判は来年に持ち越されることとなったが、動画が拡散したため顔を知れ渡ってしまった彼らは、怒れる民衆に襲われることを恐れて保釈を拒否。年越しを拘置所で過ごすことになるという。

出典:http://www.iol.co.za
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!
戦艦武蔵、“最期”も大和と似ていた? 「第2主砲塔」火薬庫が爆発...Nスペで明らかに
ニュージーランド首相、「家庭の事情」で辞任へ
南米で「浮遊する不思議な島」が発見される! 完璧な円形を描く島は人工的に切り取られた可能性も!?
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加