リプトンと「ガリガリ君」の赤城乳業からモチモチのタピオカ入り「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」が登場したので食べてみた

リプトンと「ガリガリ君」の赤城乳業からモチモチのタピオカ入り「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」が登場したので食べてみた

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/11/22
No image

「ガリガリ君」シリーズで有名な赤城乳業から、リプトンブランドの紅茶葉を使った「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」が2019年11月18日(月)より登場しています。アイスの中のタピオカは冷凍状態でも「モチモチ」とした食感を楽しめるとのことで、実際に食べて確かめてみました。

リプトンティーアイスタピオカミルクティー味(棒)|商品情報|赤城乳業株式会社

https://www.akagi.com/products/lipton/lipton_tapioca_m_tea.html

「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」のパッケージは全体がミルクティーの色合いで、中央にはタピオカミルクティーが配置されています。

No image

原材料名はこちら。牛乳、乳製品、砂糖の後に続く「ブラックタピオカ」が目を引きます。

No image

カロリーは1本(85ml)あたり104kcal。

No image

バーコードはミルクティーを注いでいる様子がイメージされています。

No image

袋からアイスを取り出してみます。形はガリガリ君のような長方形ではなく、先が丸くなっています。

No image

食べてみると、 一口目からタピオカが口の中に入ってきました。タピオカは凍っているとは思えない程「モチッ」とした食感で、ずっと噛んでいたくなります。

No image

アイスは外側がキャンディータイプ、内側がシャリシャリとしたソフトタイプの二層構造になっており、ミルクの甘さと紅茶の優しい香りが口の中に広がります。アイスが柔らかいながらもしっかり口の中に残るので、タピオカミルクティーを「飲む」のとは違った印象。

No image

アイスの下の方までしっかりタピオカが入っているので、最後までタピオカとミルクティーアイスの調和を楽しむことができます。

No image

「リプトンティーアイス タピオカミルクティー味」は2019年11月18日(月)より全国で販売されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

新製品カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1本で2つの味! 不二家のルックアイスバー新作は「どこから食べてもおいしい」
ローソンストア100「激安&激うまスイーツ」でクリスマスも大満足♪
セブン-イレブン「栗クリーム大福」
かわいくて手土産にぴったり!シンプルで美味しいフルーツサンドの新店!
冷アツがたまらんっ...! ミニストップの「アップルパイソフト」食べなきゃ損。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加