いしだ壱成、顔面まひ後遺症残り「とても不安」

いしだ壱成、顔面まひ後遺症残り「とても不安」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

いしだ壱成

顔面まひを患っていたことを告白した俳優のいしだ壱成(42)が、「後遺症が残ってしまいました」と現状を報告した。

いしだは「帯状疱疹(ほうしん)から来る顔面まひ」と医師から診断されたことを明かしていたが、14日に更新したブログで「だいぶよくなって来たもののいまだ顔面に少しの麻痺を残したままの状態です」と報告。療養しながらリハビリをしているというが「とはいえ、まともに発音が出来なくなったのは事実です。だいぶ顔も動くようになり、もう一歩のところで後遺症が残ってしまいました。どこまで元どおりにできるのか、元どおりになるのか全くわからない状態で今後のことなど考えてしまうと、とても不安になります」と心境を吐露した。

それでも快方に向かっているとし、「このまま希望を捨てずに、また今度お芝居が出来る日を夢見て、ただただ顔晴っていきたいと思っております」(原文まま)とつづった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安室奈美恵“子離れ”できず「お前うぜえよ」
安室奈美恵がテレビに出演しなくなった理由を告白 「納得できた」と共感の声
“ホームレス中学生”麒麟・田村裕の現在の給料
川口春奈「撮らないでって言わないとわからないのかな?」 盗撮&アップに苦言
尼神インター・渚、ガチでしばきたい大物芸能人を激白!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加