最新ランキングをチェックしよう
【インタビュー】『ある町の高い煙突』渡辺大「異なる立場の人々の共生を描くことは、とてもすてきな試みだと思いました」

【インタビュー】『ある町の高い煙突』渡辺大「異なる立場の人々の共生を描くことは、とてもすてきな試みだと思いました」

  • エンタメOVO(オーヴォ)
  • 更新日:2019/06/17

明治時代末期から大正時代にかけて、茨城・日立鉱山の亜硫酸ガスによる煙害に対して、当時世界一となる大煙突を建設した人々の姿を描いた『ある町の高い煙突』が6月22日から公開される。本作で、鉱山の庶務係で地元住民との補償交渉にあたる加屋淳平役を演じた渡辺大に、加屋の人物像や、映画に対する思いを聞いた。
加屋淳平役を演じた渡辺大
-本作は実話を基に映画化したものですが、事前に原作や資料には目を通しました

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「アダムス・ファミリー」の館を再現した宿泊施設が期間限定オープン
相次ぐ巨匠のマーベル作品猛批判、ガン監督が擁護
『ゲーム・オブ・スローンズ』トアマンド役俳優、ヴァイキングをテーマにしたサバイバル番組を製作!
【今週末の新作映画】『DEADLY CLASS』ベネディクト・ウォン&『ザ・プレイヤー』ウェズリー・スナイプス
中山美穂、松尾スズキのR18映画に躊躇なし!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加