中日完封リレー、7回零封の若松が今季初白星 大島&ゲレーロ弾で援護!

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/08/12

○ 中日 3 - 0 ヤクルト ●
<18回戦 ナゴヤドーム>

中日が完封リレーでヤクルト戦の連敗を「4」でストップ。7回無失点と好投した先発・若松が、ようやく今季初勝利(3敗)を手にした。

若松は初回を3者凡退スタート。2回以降も打たせて取る投球が光り、ヤクルト打線から凡打の山を築いた。1点リードの7回は一死二、三塁のピンチを背負ったが、1番坂口を投ゴロ、代打・大松を一飛に打ち取った。

若松は7回103球を投げ切り、今季6戦目にして初白星。8回以降は又吉、田島が無失点でつなぎ、3点差の9回を締めた田島は26セーブ目を手にした。

打線は4回、3番大島が3号ソロを放ち先制。8回も大島がこの日3安打目となる左前打で出塁したあと、4番ゲレーロが貴重な29号2ランを左翼ポール際へ運んだ。

中日は投手陣が踏ん張り完封勝ち。ヤクルト戦は神宮での前カードから4試合で41失点を喫していたが、この日は若松の好投もあり悪い流れを絶ち切った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
中日森監督「あいさつできた」長女の葬儀後初勝利
甲子園ベストナインを発表!編集部が選ぶ9人は?
広陵の中村選手、甲子園の新たなヒローに 母への「恩返しで今日も頑張りたい」
広島鈴木誠也が右足首骨折判明!痛すぎる4番の離脱
誠也 右足首剥離骨折!ジャンプして好捕もまさかのアクシデント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加