100年前と変わらぬ内容で操業し続ける、蒸気機関を用いた米カリフォルニア州の製材所

100年前と変わらぬ内容で操業し続ける、蒸気機関を用いた米カリフォルニア州の製材所

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2019/05/29
No image

アメリカ、カリフォルニア州にあるフィリップス・ブラザーズ・ミルは、まだ日も昇らない早朝から蒸気機関を始動し、回転ノコギリやコンベアの動力とする製材所。

100年前とほとんど変わらない操業内容で、電気設備はこれまで一切使われていない。

もはや伝統工業といえるレベルだし、蒸気機関のままでも充分なんだろうね。

【オススメ記事】これは怖い。彼女とイチャイチャ抱き合って、振り向いて目にした彼女の姿がコレ

Best of the Historic Steam Sawmill - YouTube

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブンイレブンが突っ込み防止対策で導入した「空回りローラー」の効果がスゴいと話題に!【実際の作動動画】
キモすぎて20年以上名古屋港水族館のバックヤードで飼われていた「生きている腸」のような生物。公開したらまさかの大人気に!
今にも死にそうな仔犬の物語
【神技】「まさかの展開!魔法みたい!」歯磨き粉でヘタな絵を描いてる、、と思いきや電気を消して浮かび上がった写真みたいな絵に鳥肌!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加