SUBARUが北米向けの3列ミッドサイズSUV『ASCENT』を公開

SUBARUが北米向けの3列ミッドサイズSUV『ASCENT』を公開

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

SUBARUがアメリカ・ロサンゼルスにおいて、北米市場専用新型車『ASCENT(アセント)』を世界初公開した。

『アセント』は、SUBARUが北米市場でのさらなる成長を追求し、特にファミリーユーザーに向けて新規開発した3列ミッドサイズ SUVだ。SUBARU共通のデザインフィロソフィー“DYNAMIC×SOLID”の下、3列ミッドサイズSUVとして重視される機能性を強調し、存在感のある内外装デザインを構築。ラインアップで最大となるボディサイズを活かし、7名・8名乗車いずれの仕様でもゆとりのある室内空間を実現した。

No image

そして家族全員が移動を愉しむことができるように、様々なユーティリティを充実しつつ、SUBARU GLOBAL PLATFORMを採用することで得た高いボディ剛性によって、振動騒音を抑えた快適な移動空間とした。また、全車標準装備となる運転支援システム「アイサイト」、新開発 2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジンを核とするシンメトリカルAWD や、SUVらしい走破性を高めるX-MODEといったSUBARUコアテクノロジーの採用により、家族とともに安心してどこまででも移動できる愉しさを提供していく。
クルマとともに過ごすアクティブライフを満喫するファミリー層のための全く新しいSUBARUのSUV、それが『アセント』。SUBARUは、『アセント』を米国生産拠点 SUBARU OF INDIANA AUTOMOTIVE INC.にて生産し、2018年初夏に販売を開始する予定だ。

No image

まず居住性については、ミッドサイズSUVに求められる乗員同士の快適な距離や、十分なサイズのカーゴスペースを確保。そして2列目、3列目シートへの乗降性に配慮したリヤドア開度、開口エリアを確保すると共に、乗降用のステップやグリップを設定した。そして3列目シートにおいても快適な着座姿勢を実現したほか、カーゴスペースに影響しない、駆動ユニット一体の新型パワーリヤゲートをSUBARUとして初採用した。

ほかにもスマートフォンとの連携を可能にするインフォテインメントシステム等に加え、キャビンビューミラー、パノラミックサンルーフ、サンシェード、前席左右・後席独立温度調整機能付きフルオートエアコン、ベンチレーションシートをSUBARUとして初採用。3列目シートにタブレット端末も置ける左右のカップホルダー、スマートフォン等の充電にも対応したUSB電源等、
快適装備を充実させた。
3列目シート専用のエアコン吹き出し口も採用。快適な居住空間を確保した。

走行性能に関しては、新開発 2.4L 4気筒水平対向直噴ターボエンジンを採用し、小排気量ながらも競合車の3.5L 6気筒エンジンと同等以上のスムーズな加速性能を実現。さらにSUBARU GLOBAL PLATFORM採用による車体剛性向上の結果、スムーズさや気持ち良さといった「感性の領域」における、質感の高い走りを楽しめる。
また、高速走行時の直進安定性と低速走行時の取り回しを両立したほか、アクティブトルクベクタリングを採用し、優れた旋回性能と危険回避性能を実現。パドルシフトを採用し、マニュアルトランスミッション感覚での走りの愉しさを提供していく。

安全装備においては、SUBARU独自の運転支援システム「アイサイト」とアイサイトアシストモニターを全車に標準装備。後退時自動ブレーキにより、車両後退時の衝突回避または衝突による被害軽減が期待できる。また、後側方警戒支援システムにより、自車の後側方から接近する車両を検知。ステアリング連動ヘッドランプの設定により、明瞭な夜間視界を提供するほか、ハイビームアシストにより、夜間走行時の視認性を向上させた。

No image

さらにSUBARU GLOBAL PLATFORMにより、3列目シートも含めた優れた乗員保護性能を実現。SRSエアバッグ(運転席/助手席)、SRSニーエアバッグ(運転席)、SRSサイドエアバッグ/SRS サイドカーテンエアバッグ、合計7つのエアバッグを全車標準装備し、クラストップの乗員保護性能レベルを達成している。

外形寸法は全長4998×全幅1930×全高1819mm。ホイールベースは2890mm。最低地上高は220mm。エンジンはFA24型2.4L 水平対向4気筒DOHC直噴ターボ 2387cc。出力は260hp/5600rpm。トルクは277lb-ft/2000-4800rpm。トランスミッションはスポーツリニアトロニック<フル電子制御自動無段変速(CVT)>。
※スペックは米国仕様

No image

関連情報

https://www.subaru.jp/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千円安いしまむらボアコートはユニクロを超えられるか!?
【アクアライン20年の足跡】(下)「なんとしても通行料800円継続」森田健作知事が表明
コンビニまでのチョイ乗りに便利。折り畳み電動バイク「Cute-mL」
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
  • このエントリーをはてなブックマークに追加