【激辛】2019年度 激辛レストラン 厳選34店 2/2【東京】

【激辛】2019年度 激辛レストラン 厳選34店 2/2【東京】

  • 食べログまとめ
  • 更新日:2019/05/21

ザ・激辛日記!!が、この約1年間で回った東京近郊の激辛店100店超のお店のうち、ここは辛くて旨い!!と選んだレストラン34店を2019年度の激辛レストランとして、ご紹介します。激辛に興味のあるみなさんの激辛店選びの参考にしていただけたら嬉しいです。

記事作成日:2019/05/21

カリーライス専門店エチオピア 本店

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

激辛カレーとしては、はるか昔から有名なエチオピアです。エチオピアという名前はついているものの、カレーは南インド系のスパイス豊富なさらさらカレーです。

ビーフかチキンかくらいしかメニューはありませんが、辛さは1~70倍まで選べます。さらに裏メニューとして100倍くらいまでは受けてくれるでしょう。

70倍でザカラレベル7、100倍でザカラレベル8となっています。

ここの良さはスパイスがたっててカレーがおいしいこと。加えて、100倍までの辛さにしてもお値段が1000円を切るというリーズナブル(コスパ)な価格設定の良さにあるといえるでしょう

カリーライス専門店エチオピア(神保町/カレーライス、インド料理)

☆3.79

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:東京都千代田区神田小川町3-10-6

TEL:03-3295-4310

ラジャ

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

参宮橋にあるカフェ風の入り口のRAJAは、昔からのファンの多い南インドカレー屋です。

初めての来店の場合、メニューを見てもオーダーの方法が独特でちょっと面食らうと思うので、ぜひ事前に記事を見てみて訪問してください。

ここの激辛カレーは、”レッチリ”とよばれる「チキンのレッドホットチリペッパーカレー」がめちゃ辛いです。ザカラレベルで10はあります。ただ、量が少ないのと、2種カレー、3種カレーを選んだら、舌が落ち着くまで別の緩いカレーで耐えしのげるので、意外に食べれるかもしれませんね。

レッチリを食べれたら、もう1段階辛いカレーもあるので、食べたら聞いてみてください。

ラジャ(参宮橋/インド料理、インドカレー、カフェ)

☆3.28

夜の金額:-

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都渋谷区代々木4-2-8ピースビル 1F

TEL:03-5351-0833

ダルシムカリー

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

路面電車の早稲田駅から徒歩3分ほどの立地にある若干奇抜な外観のこじんまりとしたお店です。スパイスの立った南インドカレーはだれしもウマイ!とうなることでしょう。

そんなダルシムカリーの辛さは

1辛<2辛<3辛<叫喚地獄<大叫喚地獄<炎熱地獄<大炎熱地獄<無限地獄

となっていますが、一番辛い無間地獄でも120円で選べます。

なかなか来づらい場所にありますが、味は確か。きっと満足します。おすすめです。

ダルシムカリー(早稲田/カレーライス、インドカレー)

☆3.62

夜の金額:~¥999

昼の金額:~¥999

住所:東京都新宿区西早稲田1-9-17

TEL:03-6457-6533

横浜ボンベイ 高田馬場店

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

カシミール系カレーと呼ばれる系統のカレーです。上野のデリーがカシミール系では有名ですが、こちらの横浜ボンベイ 高田馬場店のアグニカレーは、かなり強烈な辛さとなっています。通常、このアグニカレーには辛さの選択はありませんが、特別にお願いして作ってみていただいたのが、この2倍のスパイスが入っているアグニカレーです。

ただし、通常のアグニカレーでもザカラレベル9、2倍だとザカラレベル13という殺人級の辛さになります。

カレーは独特のコクと風味で、好き嫌いは人によって別れそうです。でも好きな人達にはとてもコアなファンがいるカレー屋さんです。

横浜ボンベイ(高田馬場/カレーライス、インドカレー、欧風カレー)

☆3.70

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都新宿区高田馬場1-32-11小澤ビル 1F

TEL:03-6205-6657

路地裏のタイ料理とお酒 バナナ食堂

No image

出典:たんじきさん

タイ全土から“辛過ぎる”というメニューをセレクトした「激辛宴会 ペッマークコース (税抜き5000円、飲み放題付き)」のコースメニューです。
贅沢にも大きな生海老がいくつもゴロゴロしていて、生ニンニク、生ニラ、生レモン、パクチーがゴッソリとトッピングされており、生唐辛子も存分に入っているので、涙が出てくるほど辛いのですが、海老のコリコリした触感と甘みと薬味とスパイシーソースのハーモニーがたまりません。
生唐辛子の量を調節すれば、辛みも抑えられるので、激辛初心者でも楽しめます。
このコースはまだまだ辛い料理が続くのですが、ミルク系のカクテル、ソフトドリンクも充実しているので、護りはバッチリです。気軽に激辛料理を楽しめるお店です。

路地裏のタイ料理とお酒 バナナ食堂(立川南/タイ料理、タイカレー、ダイニングバー)

☆3.51

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都立川市錦町2-1-7幸ビル1F

TEL:050-5590-7673

モモタイ

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

こちらは、あの新宿2丁目の裏路地に怪しく光るピンクなお店(あっちのお店という意味ではないですよ)のモモタイです。

タイ料理のお店で、普通にタイ料理も楽しめますが、激辛メニューとして「激辛モモタイラーメン」があります。

このラーメンは食べ始めはほとんど辛くないものの、ラーメンにふんだんにかかったガパオがすごく辛いので、徐々に徐々に辛さが増す蓄積系の辛さで、気づいたころには汗びっしょり、気分もノリノリで食べてしまうことでしょう。怪しいお店の雰囲気も楽しく、おすすめです。

モモタイ(新宿三丁目/タイ料理、ダイニングバー)

☆3.51

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都新宿区新宿2-16-3第三宏和ビル 1F

TEL:03-6384-1266

大重慶 麻辣燙 新宿店

No image

出典:食欲止まらないさん

新宿と池袋にある、四川鍋料理の「大重慶 麻辣燙」です。

これぞ火鍋!という鍋で辛さはお店の辛さ1~4から選べます。このマックス辛さの4はザカラレベルで7くらいはあるでしょう。

ちなみに、具は店の片隅にある具材コーナーから串にささった具材を取ってきて、それを火鍋で煮て食べる仕組みです。

このお店はお店側も客側も中国人ですが、日本語が通じるのでリーズナブルに本場中国の火鍋を楽しみたい方にとってはいいと思います。

大重慶 麻辣燙(新宿/四川料理、中華料理、居酒屋)

☆3.12

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-15-12大河原ビル 3F

TEL:03-6205-6356

串巷子 新大久保店

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

本場四川の火鍋専門店です。
日本の火鍋と違い、串に刺さったショーケースにある具材の中から好きなものをセルフで取ってきて、串のまま鍋に入れて火が通ったら串をはずして食べる、というスタイルです。

火鍋の辛さは1~3まで選べるそうですが、どこにもどの程度かも明記されていません。
2だと日本の火鍋よりちょっと辛いです。
メニューは飲み物以外中国語で、ショーケースにある具材の商品名も全て中国語、そして従業員さんも日本語があまり上手ではないので、日本人だけで行くと細かいオーダーは微妙かもしれません。が、本当に本場の四川火鍋が堪能でき、何と言ってもコスパが良くてとても美味しいです。特にパクチー巻シリーズはチョーオススメなので、是非お試し頂きたいお店の一つです!

串巷子(新大久保/四川料理)

☆-

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:-

住所:東京都新宿区百人町1-10-10大久保KMビル 3F

TEL:050-5348-7435

辛ちゃん

No image

出典:tabelog.com

韓国料理おなじみの、甘辛ベースだとは思いますが、その甘みは口に入れた瞬間だけで、あとはカプサイシンソースと思しき強い辛みが襲ってきます。口の中の強い痛みを伴いますが、旨味は感じます。
「どんどん蓄積されていく辛み」の危険性があり、チーズトッピングできるメニューも併せて注文しておくことをお勧めします。
因みに、熟成キムチチゲもお勧めです。豆腐と海鮮も入っている辛みと優しく身体にしみる旨味のあるスープです。

辛ちゃん(東新宿/韓国料理、焼肉、居酒屋)

☆3.18

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:¥1,000~¥1,999

住所:東京都新宿区大久保1-1-9新宿フラワーハイホーム 1F

TEL:050-5594-1407

ダルマット 西麻布本店

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

今回紹介する激辛店ではもっとも高級なお店となります。西麻布に店を構える高級イタリア料理店、Dal Matto(ダルマット)のコース料理の最後に、今回紹介する激辛アラビアータを組み込むことができます。

事前の予約が必須なので、ぜひ興味がある方は食べログの紹介ページからの予約が可能です。こちらからどうぞ。

アラビアータのお味はトマトと繊細な海鮮系のお味の上に、高級レストランにふさわしくないほどの激辛が乗っかっています。その意外さにTVにも取り上げられ、その後、多くの方が挑戦したらしいのですが、ほぼ撃沈し、あまりの辛さに怒り出す人もいるらしいとか。ぜひ、興味のある方は挑戦してみてください。

ダルマット(六本木/イタリアン、パスタ、ワインバー)

☆3.77

夜の金額:¥8,000~¥9,999

昼の金額:-

住所:東京都港区西麻布1-10-8第2大晃ビル B1F

TEL:050-5596-3829

Pasta e Vino Kei

No image

出典:フードアナリスト穣治さん

激辛イタリアンが食べられるお店 Pasta e Vino Kei(パスタエヴィノケイ)です。
JR山手線大塚駅より徒歩7分です。
こちらではメニューには載っていない、激辛タンドリーチキンと激辛パスタ スーパーアラビアータ が楽しめます。山椒が香るスパイシーなソースは辛さのなかに旨味がたっぷりでくせになる辛さです。
あくまで裏メニューですので、事前にお電話で激辛注文したい旨を伝えた上で行かれることをおすすめします。辛さのレベルに特に決まりはありませんが、ある程度は要望を聞いて作っていただけるようです。

Pasta e Vino Kei(池袋/イタリアン、パスタ、ダイニングバー)

☆3.24

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都豊島区東池袋4-41-27小原ビル 1F

TEL:03-6914-1970

赤い壺

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

赤い壺は都内でも珍しい、激辛料理専門店です。もちろん辛くない料理もあるので、辛さが得意でないご友人を連れていくこともできます。メニュー構成は0辛~11辛までとなっており、このうち、8辛までがいつでも食べれるメニュー。

9と10辛いは火曜日・木曜日の限定メニューとなっており、さらにこれらを食べると、11辛料理に挑戦できます。とはいえ、ここは激辛専門店です。

通常は6辛くらいまでが限度かと思います。

激辛メニューがレベル別に豊富なこのお店は、激辛ファンなら絶対に外せないお店でしょう。

赤い壺(表参道/居酒屋・ダイニングバー(その他)、中国鍋・火鍋、アジア・エスニック料理(その他))

☆3.42

夜の金額:¥6,000~¥7,999

昼の金額:¥2,000~¥2,999

住所:東京都港区北青山3-5-9レイカーズ青山 B1F

TEL:03-3401-7883

芝の鳥一代

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

激辛ストリートで有名な、「芝」にある韓国居酒屋です。ここは激辛だけでなく、普通に刺身とか結構うまい。普通に飲みに期待お店です。

でも激辛もメニューがいくつかあり、その中でも激辛サムゲタンは一番辛くておいしいメニューです。

サムゲタンとか普通は真っ白なスープ料理なのに、こちらのはジョロキアパウダー投入でオレンジ色になっています(笑)

近くの生駒軒と一緒にぜひチャレンジしてみてください。

芝の鳥一代(田町/居酒屋、創作料理、定食・食堂)

☆3.26

夜の金額:¥3,000~¥3,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都港区芝2-30-6ファインラック芝 1F

TEL:050-5890-8352

笑和亭

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

笑和亭は、昼から飲めるで有名な赤羽にある中華料理屋です。昼飲みのお店群からは離れた住宅街の中にあり、ここの激辛メニューは麻婆豆腐です。また普通のメニューもおいしいので、普段は周りの住民さんのたまり場なんでしょうね。

トリニダードスコーピオンを使用する麻婆豆腐は2019年5月現在チャレンジメニューですが、いつまで継続するかわからないので、お店のfacebookで確認してからいくといいと思います。

ザカラレベルで10とかなりの辛さ。興味本位でチャレンジするととんでもないことになりますよ!!

笑和亭(赤羽/中華料理、居酒屋)

☆3.06

夜の金額:¥2,000~¥2,999

昼の金額:-

住所:東京都北区赤羽2-24-6

TEL:03-5249-3110

ジューシーオールスターズ ハングリーヘブン

No image

出典:ザ・激辛日記!!さん

激辛のハンバーガーというレアなカテゴリのお店になります。

ハンバーガーが美味しいこのお店には、「ザ・ゲート」という激辛ハンバーガーがあります。その辛さは侮ることなかれ、ザカラレベルで8くらいと、エチオピアの100辛とかシャンティの100ボーガくらいはあります。

一方、食べ始めにガツンと辛さが来るものの、ジューシーな肉汁が口の中に広がります。また背の高いハンバーガーのその姿にびっくりすること間違いなし。食べておいしい、見て楽しめるおすすめの激辛バーガーです。

ジューシーオールスターズ ハングリーヘブン(大山/ハンバーガー、バー、カフェ)

☆3.07

夜の金額:¥1,000~¥1,999

昼の金額:~¥999

住所:東京都板橋区大山金井町39-12

TEL:03-5926-9696

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
続々・吉祥寺で地元民がおすすめするお店10選
“プロント飲み”がアツイ!「レモンサワーに合う夏のやみつきメニュー」新登場
「いきなりステーキの業績改善策は?」人気コンサルに聞いてみた
ファミマ「餃子みたいなパン」見た目も中身もまさに...!
カロリーの暴力! 甘太郎の夏メニュー「から揚げポテトマヨカレー鍋」が攻撃的すぎる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加