巨人・坂本勇人が9年ぶりの30号「うまくバットに乗せられたね」大台リーグ1番乗り

巨人・坂本勇人が9年ぶりの30号「うまくバットに乗せられたね」大台リーグ1番乗り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/10
No image

4回、左越えに本塁打を放ちホームで鈴木コーチ(左)に迎えられる坂本(中)

「巨人10-9ヤクルト」(9日、東京ドーム)

巨人の坂本勇人内野手が2010年以来9年ぶりとなる30号本塁打を放った。

7点を追う四回1死。小川の変化球に体勢を崩されながらも左翼席へ運んだ。リーグ一番乗りの30号に「うまくバットに乗せられたね」と喜んだ。

十回には右越え二塁打でこの回の代打、亀井のサヨナラ打のお膳立て。2安打1打点で7点差逆転に貢献した主将に原監督は「いろんなことが加わらないと、この点数をひっくり返すということはできなかったと思います」と手放しで喜んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
和田、貫禄の投球で4勝目 8回86球で降板も「頼もしい投手が後に控えてる」
楽天ルーキー太田光、延長10回執念の決勝スクイズ
履正社・井上 決勝での逆転弾は副島以来史上2本目
元TBS・枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太の“誕生日祝いアピール”が痛すぎて批判殺到
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加