わずか1年でCM出演が10本!の異色モデル・りりかが初グラビア「水着は似合わないので下着で...」

わずか1年でCM出演が10本!の異色モデル・りりかが初グラビア「水着は似合わないので下着で...」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2016/12/01
No image

底知れない魅力を見せるりりか

少女なのか、オンナなのか――写真の中で、とろけるような空気を醸し出すのは、女優・モデルのりりかだ。

まだ無名の新人だが、昨年デビューして以来、わずか1年で10本のCMに出演。「第38回ぴあフィルムフェスティバル PFFアワード2016」で準グランプリに輝いた映画『花に嵐』ではヒロインに選ばれ、『放課後戦記』では初舞台ながら市川美織とWキャストを務めるなど、女優としても急成長を見せている。

発売中の『週刊プレイボーイ』50号では、稀代の写真家・藤代冥砂(めいさ)が6年ぶりに本誌で撮り下ろし。圧倒的な透明感と儚(はかな)げな雰囲気をまとった彼女は一体、どんな人物なのか。底の見えない不思議な魅力の原点を探った。

―こうした男性誌でのグラビアは初めてとのことでしたが、そもそも週プレって知ってました?

りりか 知ってますよ、コンビニで立ち読みしたりしてました。グラビアを見るのがすごい好きなんで。

―なんか意外ですね。

りりか 自分にはないものを持った人たちがたくさん出てるじゃないですか。(体を見ながら)…こういう面で。だから、ちょっと見るのが好きなんです。そこに私が載るとは全く思わなかったんですけど(笑)。

―藤代さんに撮ってもらいたいとおっしゃっていたそうですが、撮影はいかがでした?

りりか そうなんです。テーマも決めずに、冥砂さんの撮りたいように撮ってもらえて嬉しかったです。事前にグラビアのポーズとか練習しようと思ったんですけど、それも必要なく、決まってたのは下着ってことくらいだったので。編集の方に「水着はあまりにも似合わないのでやめましょう」って言われました(笑)。

―…なんか、すいません。今回は編集が選びましたが、普段はご自身で写真もセレクトするんですよね?

りりか そうです。だから、たぶんこれが絶対選ばれるとか、これとこれの組みだろうとか自分の中で決めてたんですよ。でも、それがことごとく外れて「あ、グラビアの写真を選ぶセンスがゼロだ」ってわかりました(笑)。

―男性目線だから違うのかもしれないですね。

りりか そうなんですかね。こういうのもよしとされるんだって気付いて、自分の中で価値観が変わりました。でも、誌面に載ってない写真で見てほしいのはものすごくあるんですよ! このもやもやをどうしようかと思って…。

―今後公開予定の週プレnet EXで本誌未公開写真も載せているので、そこにあるかもですね。ところで、そもそもなんですが、モデルを始めたのはなぜ?

りりか 大学に入った頃、親の離婚とかで不安定だったんですよ。そしたら、被写体として写ることで楽になるって教えてくださった方がいて、やってみたんです。写真を撮ると魂を取られるじゃないですけど、自分がすごい辛い時に、その気持ちがそのまま抜かれて写真に込められる感じで。

―セラピー的なことから始まったんですね。

りりか 自分がこうしたいみたいなのは、あまりないんですけど、写真でも相手がどうしてほしいかが一番重要で、それに応えたいと思うようになったんです。自分に何ができるかとかは全然わかんないんですけど…。

―なるほど、それが原点にあって、モデルや女優を続けてきたと。

りりか はい、一生撮られることは続けたいと思ってて、辞めるという選択肢はないです。特に写真が一番好きなので、いくつになっても撮ってもらえる人になりたいですね。

―どんな風に見てもらいたいとかあるんですか?

りりか 外見ではなく内面を写していきたいです。でも写真だけ見てる人から、喋れないコだとか障害を持っているんじゃないかとか思われることが多くて、それは内面的な知性が足りないからじゃないかなって。だから、これからは知性があるように見られたいんですよ。

―でも大学も卒業されていて。どんなことを学んでいたんですか?

りりか CMの勉強をしていて。制作のマーケティングとか。だから映像業界には興味があったんですけど、裏方をずっとやろうと思っていて。

―おお、それが今や女優として出る側になっちゃったと(笑)。

りりか 最初は知り合いの自主映画に出てって誘われて、特に何もやってないし出ようって出たんですけど、監督さんに「やりなよ。こういうの向いてるよ」って押されて、じゃあやろうと。

―なんとなくだったんですね。それで1年の間に10本もCMってすごいですよね。

りりか マーケティングとか勉強してたから、オーディションに行く時に就活生みたいに企業研究していたんですよ。それが珍しかったのかもしれないです(笑)。CMって底抜けに明るいコが多いから、そういうのになりきるのも好きだから、楽しいですよ。

―たぶんですけど、実際、ご自身は明るいほうではないですよね?

りりか できれば端っこにいたいですね。いつも家でゲームしてます。普段は絶対に目立ちたくないけど、クラシックバレエをずっとやってて舞台に出るのが何より好きだったんですよ。あの瞬間だけは違う自分になれるみたいな。それにバレエは写真と同じなんです。内に溜めた感情を滲(にじ)み出すように表現する感覚で。

―表現に対しても籠もりがちなんですね。でも、趣味でボクシングをやっていたと聞きましたけど、すごく意外だなと。

りりか 大学の近くにあったからって始めただけなんですけど、サンドバックを延々と殴るのが楽しくてやってました。ひとりで集中できるスポーツが好きなんです。バレエもひとりで踊るし。ただスパーリングで痣(あざ)ができちゃうから、いまは殺陣(たて)をやってます。

―演技のために?

りりか 最初は仕事のために始めたけれど、すっかり夢中になってしまって、今ではもう趣味ですかね。殺陣ってすごく集中できるんですよ。極めると木刀の剣先に“宇宙”を感じるそうなんです。まだ未熟すぎて私は見えませんけど(照)。

―確かに集中はできそうですね。では、これからいろいろな仕事をしていくと思いますが、どんなことをやってみたいですか。

りりか キャリアは全然わかんないんですよね。…でもいつか駅のホームを使ったお仕事はしたいです。ホームで撮影しようと思っても、なかなか許可が下りないんですよ。だから、大きなお仕事だったらできるのかなって(笑)。

―リアルですね(笑)。今日はありがとうございました!

■りりか(RIRIKA)

6月28日生まれ 千葉県出身 身長153cm 血液型=A型

趣味=写真 特技=バレエ、殺陣

○現在は、三井アウトレットパークのWebCM、ミスミグループのCMに出演。また、女優業では新宿K’s cinemaにて12月1日に『花に嵐』が、1日と2日には『退屈な日々にさようならを』が上映される。最新情報は公式ホームページにて。【http://ri-ri-ka.jp】

(取材・文/鯨井隆正 撮影/藤代冥砂、武田敏将[インタビュー])

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“全裸×指1本”絶妙な自撮りが流行中
りゅうちぇる“心霊写真”のガチ鑑定結果発表
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
高畑充希と坂口健太郎が熱愛!事務所は否定するも本人の口からボロが出ていた
成宮寛貴に”コカイン吸引”疑惑?証拠写真で暴かれた謎の素顔
  • このエントリーをはてなブックマークに追加