オリックス近藤、登板1試合で大幅ダウン

オリックス近藤、登板1試合で大幅ダウン

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/02
No image

オリックスの近藤大亮投手が1日、神戸市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、240万減の960万円(金額は推定)でサインした。

即戦力として期待されてドラフト2位で入団。しかし、プロ初登板初先発となった開幕2戦目の3月26日・西武戦で、右肩を痛めて3回で降板。その後は回復に時間を要して、わずか1試合の登板に終わり、20%の大幅ダウンとなった。

「覚悟はしていた。(成績は)悔しいの一言。来年取り返せるように頑張りたい」。来季は1年間、1軍帯同が目標。オフはケガをしない体作りに励む。

また、武田健吾外野手は50万増の700万円で更改。来季は糸井がFA権を行使して阪神へ移籍したため、外野の一角が空く。「糸井さんが抜けたので、その穴を自分が埋めて、糸井さんより打ってやるという気持ちが強い」とレギュラー獲りへ決意を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人坂本、ベンツ2台目ゲット ヤナセMVP受賞
巨人4番候補ゾロゾロ打線「坂本は十分候補になる」
ただの会議じゃない「ウインターミーティング」
稲村亜美、平沢をガチ勝負で三振!球審が「神判定」
巨人小山、楽天柿沢のトレードが合意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加