アザール、チェルシーと契約延長の意思認める「クルトワのあとで...」

アザール、チェルシーと契約延長の意思認める「クルトワのあとで...」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/12
No image

NBAを観戦したエデン・アザール【写真:Getty Images】

チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが、クラブとの契約延長に動いていることを認めた。英紙『デイリー・ミラー』が伝えている。

アザールの父は以前、ベルギーメディアに対して「エデンは契約延長を断った」と話していた。これを受けて、レアル・マドリーへの移籍などが噂になっている。

だが、アザール本人はチェルシーでキャリアを続けるつもりのようだ。

11日にロンドンで行われたNBAの試合を観戦した同選手は、将来もチェルシーにいるのかと問われると「イエス」と返答。「まずはティボー(・クルトワ)だと思う。僕はそのあとかな」と、守護神の契約延長が終わったあとに話が進むことを示唆した。

アザールの契約は2020年まで残っており、まだ焦る時期ではない。とはいえ、残り年数が少なくなれば、周囲が騒がしくなることは必至。その前にチェルシーは交渉をまとめるつもりのようだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
バルサ初黒星 メッシPK失敗
「禁断の移籍」を許したクラブたち...後悔に結びついた9つのケースを紹介
在籍年数が12年を超えるのは欧州5大リーグで19人だけ。同一クラブで最も長くプレーしている現役選手は...
ヘディング弾の香川真司を現地メディアは高めの評価。「効果的ではなかったが...」
最も影響力のあるランジェリーモデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加