稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発

稲葉ジャパン、アジアの頂点へ!決勝戦は巨人・田口が先発

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/11/19
No image

決勝戦の先発に指名された田口麗斗

◆ 稲葉監督、初タイトルへ…

16日に開幕した「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」も、いよいよ決勝戦を残すのみ。日本と韓国がアジアの頂点をかけて3日ぶりに激突する。

タイトルに王手をかけた稲葉篤紀監督は、決勝戦の先発を田口麗斗に託した。

田口は1995年9月14日生まれの22歳。広島新庄高から2013年のドラフト3位で巨人に入団すると、3年目の昨季自身初の2ケタ勝利を挙げるなどブレイク。今季は開幕からローテーションを守り、自己最多の13勝(4敗)、防御率3.01と好成績を残した。

若くして風格すら漂う左腕。その源である抜群の安定感は、決勝戦という大舞台でも大きな武器となることだろう。慣れ親しんだホーム・東京ドームのマウンドで躍動する姿に期待したい。

◆ 試合予定
ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017
▼ 決勝
日本(田口麗斗)-韓国(朴世雄)
<東京ドーム 18時00分>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤浪よ大山よ、東京五輪出ろ!阪神・金本監督、常夏の島ハワイから大号令
名打者・篠塚和典氏が語る打撃の極意 イチローも使うバットの秘密、驚異の技術
プロ野球クローズアップ=2017年回顧(下)
楽天 2人目のオコエ獲り 今季3A24発、来週中にも合意へ
中心選手が続々、59人中47人が1軍でプレー 西武過去10年のドラフト査定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加