これが今秋発売の6.1インチ液晶搭載iPhone!?レンダリング画像が公開

これが今秋発売の6.1インチ液晶搭載iPhone!?レンダリング画像が公開

  • iPhone Mania
  • 更新日:2018/06/23
No image

米メディアBGRが、今秋の発売が期待される、6.1インチ液晶ディスプレイを搭載したiPhoneのレンダリング画像を公開しています。

著名アナリストが最初に予測

Appleがこの秋発表するiPhoneは、現行のiPhone Xの後継機種となる5.8インチ有機EL(OLED)搭載機、大型の6.5インチOLED搭載機、そして一部機能を省き若干安めの価格設定となる6.1インチ液晶搭載機の、3モデルで構成されると見込まれています。

これを最初に予測したのは、Apple関連情報の正確さで定評のあるTF International証券のアナリストで、当時はKGI証券に務めていたミンチー・クオ氏でした。

その後2018年版iPhoneに関する予想はいくつも発表されていますが、いずれもクオ氏の予想をほぼ踏襲するものとなっています。

ケースメーカーGhostekが情報源

No image

Ghostekによる6.1インチ液晶搭載iPhoneのレンダリング画像

またこれらの予想に基づく、次期iPhoneのモックアップの画像やレンダリングによる画像も複数公開されています。米メディアBGRが今回公開したのは、スマートフォン・ケースメーカーGhostekから入手したものです。

BGRは過去にも何度かGhostekから発表前のスマートフォンが収められたケースの画像を入手、「毎回正しかったことが後ほど判明した」と記しています。

画像によれば、6.1インチ液晶搭載iPhoneにはホームボタンがなく、上部のノッチにはFace IDに必要なTrueDepthカメラが収められているようです。これは同モデルが現行のiPhone Xと同じデザインになるとの噂と一致しています。

また背面に搭載されているカメラレンズは、2個ではなく1個です。

相次ぐレンダリング画像の公開

最近では、リーク情報で知られる@OnLeaks(スティーブ・へマーストーファー氏) が6.1インチ液晶搭載iPhoneのレンダリング画像を、またロシアの情報サイトWylsa.comが3モデルの次期iPhoneのレンダリング画像をそれぞれ公開していますが、どちらの画像でも液晶搭載iPhoneはiPhone Xと同じデザインで、シングルカメラを搭載しています。

Source:BGR
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新型13インチMacBook Pro、ついに全ポートでフルスピードのThunderbolt 3が使えるように
メモリが増えればiPhoneは速くなるの?? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
次期6.1インチiPhone、やっぱり複数カラー展開っぽい。しかもカメラの出っ張りナシかも...!?
スマホの待ち受け、動く壁紙にできるって知ってた?
Appleの自動運転プロジェクト、ますます増強されてます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加