甲子園Vの履正社 新チームの主将は日替わり制でスタート

甲子園Vの履正社 新チームの主将は日替わり制でスタート

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/24
No image

宿舎のスタッフに感謝を伝える履正社の選手たち(撮影・永井優花)

星稜との激戦を制し令和初の夏の甲子園王者に輝いた履正社が23日、大阪市内の宿舎から豊中市内の同校へと移動、優勝報告を行い在校生らから祝福された。

宿舎出発前に取材に応じた野口海音主将(3年)は「(朝食の時に)ほんまに日本一になったんか…という話をしていました」と照れ笑いした。各方面への対応などに追われ「結局寝たのは午前2時くらい」と語った岡田龍生監督(58)も、「夢のような展開の試合だった」と笑顔を見せた。

しかし、喜んでばかりはいられない。今大会は野口をはじめ、主砲・井上やエース・清水らの3年生が主体となりチームを支えてきたが、秋からの新チームの状況を問われると「まだリーダーシップを発揮できる子が出てこない」と苦笑。次期主将も「当分は当番制にしようかな」と答えた。

3年生たちがつかみ取った「日本一」を守るため、チームは時を置かず、再スタートを切る。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
仙台育英・笹倉1号などで8強導く、次戦は宿敵東北
履正社 2戦連続コールド!元阪神・関本氏Jr.公式戦初4番で2安打2打点
秋田商が雪辱4強、クレしん好き石川完投&3ラン
千葉出身の東海大札幌・上村、家族勇気づける好投
札幌日大3連続コールド、新谷は前日調整実り2打点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加