ST、1.8Vから動作可能な超小型コンパレータを発表

ST、1.8Vから動作可能な超小型コンパレータを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/19

STマイクロエレクトロニクス(ST)は10月18日、バッテリ動作に適した低い消費電力と高速性を備えたコンパレータ「TS985」を発表した。

No image

TS985は1.8Vの低電圧から動作可能なため、電池1個で電力供給するシステムや、消費電力を低減するために低電圧駆動するように設計されたシステムでも使用可能。標準的な動作電流は14μAとなっており、バッテリ出力電流を最小に留めるとしている。また、標準的な伝搬遅延は300nsで、高速変化するアナログ信号に迅速に応答する。

同製品は0.8×1.2×0.52mmのチップスケールパッケージで提供され、スマートフォンやIoTデバイスなど、実装面積に制約のあるアプリケーションに適している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ASUS、ZenBook誕生5周年記念の13.3型ノートを100台限定販売 - 税別約6万円
Amazonで面接を受けるとこんなことが起こる、という体験レポート
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」
日本の不思議な音響技術がつまったスピーカー「pavé」を聞きに行ってみた
Bluetoothスピーカーでヤバい音声が流れる悲劇を回避する方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加