【報ステ】中3いじめ自殺、担当者が両親に謝罪

【報ステ】中3いじめ自殺、担当者が両親に謝罪

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

茨城県取手市の中学3年生の中島菜保子さん(当時15)が自殺した問題で、当時「いじめはなかった」と結論付けた教育委員会の担当者が両親のもとを訪れ、謝罪した。中島さんの自殺直後、両親は独自に生徒への聞き取り調査などを行ったところ、次々と、いじめを示唆する証言が出てきた。しかし、教育委員会は「いじめによる重大事態に該当しない」と決定した。「いじめがあった」と認めたのは1年以上経った、今年5月末のことだった。中島さんの両親は「いじめと感じたのはいつなのか」などと問いかけたが、教育委員会側は何も答えなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
厚労省の“ブラック企業リスト”をグラフで可視化 Webサイト「ブラック・ブラック企業」登場
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加