欧州為替:ドル・円は小じっかり、明日のブレイナード氏の発言にも関心

欧州為替:ドル・円は小じっかり、明日のブレイナード氏の発言にも関心

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01
No image

株式会社フィスコ

ドル・円は小じっかりの展開となり、足元は114円30銭付近で推移。日米金利差を背景にドル買い・円売り基調が続いている。この後は、米国の先週分新規失業保険申請件数や11月ISM製造業景況指数の発表が材料になる。

また、市場では、明日夜のレイナード連邦準備制度理事会(FRB)理事の発言にも関心が集まっている。連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの中では最もハト派寄りとして知られるが、今月の利上げに前向きな見解が示されれば、利上げは確実視されよう。

ここまでのドル・円の取引レンジは114円08銭から114円38銭、ユーロ・円は121円12銭から121円44銭、ユーロ・ドルは1.0603ドルから1.0639ドルで推移した。

<KK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トヨタ「ルーミー・タンク」1カ月で3万5000台受注
自動運転「戦略本部」世界に先駆け実用化を
観光客、呼んだはいいが“無責任”エジプト
冬のボーナス、国家公務員に支給 平均約70万円
日経平均上昇“トランプラリー”で積極投資
  • このエントリーをはてなブックマークに追加