何msまで耐えられる? 「キーボード入力遅延体験Webアプリ」でイライラ感をプレゼント

何msまで耐えられる? 「キーボード入力遅延体験Webアプリ」でイライラ感をプレゼント

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/08/15
No image

Image:Typing delay experiment

わざわざタイピングにストレスを感じたい物好きへ。

そんなのどこにいるんじゃい? となりますけど、でもさ「試せます!」となれば「お、おう。じゃあ…」となってしまうのが人の性であり、好奇心で生きている僕らガジェットスキーな人々ではないでしょうか。

というわけで、Typing delay experimentはキーボードのインプットラグを再現できるWebアプリです。

プリセットがいくつか用意されていて「FINE」の10ms〜「SURPRISE ME」の442msまで選べます。もちろん手動で「○○ms」を入力してもOK。遅延が設定できたら、下のボックスの中にタイピングしてみましょう。

No image

Image:Typing delay experiment

こんな感じ。なお、日本語変換が有効になっていると正しくインプットラグが体感できなかったので、半角英数直接入力でどうぞ。

No image

Image:Typing delay experiment

遅延をランダムに変化させる「VARIABLE LATENCY MODE」にすると、入力のたびにラグが変わって、今夏ホラーを体験できます。おためしあれ。

Source:Typing delay experimentviaTHE VERGE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhoneにも挿せる物理セキュリティーキー登場。NFCやBluetooth版とどう違う?
親指に隠れるサイズ!? Insta360が超小型で手ブレ補正に強いアクションカメラ新製品のティザー動画を公開
Windows 10ミニTips 第416回 OneDrive Insider プレビューを有効にするとどうなる?
「Cosmo Communicator」日本発売 - Gemini PDA後継のクラムシェル型Android
あおり運転に備えるドライブレコーダー厳選6点。ドンキの激安品も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加