森保一氏が五輪監督就任 初陣は12月の北朝鮮戦へ

森保一氏が五輪監督就任 初陣は12月の北朝鮮戦へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/12
No image

森保一氏(2017年7月1日撮影)

日本サッカー協会は12日、都内で理事会を開き、2020年東京五輪の男子日本代表監督に、サンフレッチェ広島で3度リーグ制覇した森保一氏(49)の就任を決めた。

理事会後に西野朗技術委員長が会見し「2020年東京五輪監督に森保一氏を推挙し、理事会の中で承認されましたので、ここにご報告させていただきます」と明かした。

9月21日に西野技術委員長が都内で7月に広島監督の座を離れていた森保氏と接触し、J1で抜群の実績から候補に急浮上。同22日に取材に応じた同氏は「五輪もクラブも正式オファーをいただけたら、その時に考えたい」とし「来年は現場復帰したい」と現場への意欲を示していた。

東京五輪世代の代表は、年末から活動が本格化する。12月にタイで行われる国際大会の北朝鮮戦が初陣となる見込みだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『大食い王決定戦』大物ルーキー誕生で史上最高のハイレベルな戦いに
「韓国サッカーは死亡」監督帰国でファンらがお葬式デモ、仁川空港が一時騒然=韓国ネット「信頼回復は不可能」「韓国サッカーの最大の問題は...」
日本のサッカー施設に感動した中国人、「日本の収穫期はもう近い」―中国コラム
ユース取材ライター陣たちが推薦する「選手権予選注目の11傑」vol.4
『大食い王』もえあず敗れる歴史的混戦も 照英の「選手煽り」に批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加