アップル、中国本土のアップストアからVPNアプリを削除

アップル、中国本土のアップストアからVPNアプリを削除

  • WSJ日本版
  • 更新日:2017/07/31
No image
No image

【北京】米アップルは、中国本土のアプリ配信・販売サイト「アップストア」から仮想プライベートネットワーク(VPN)アプリを削除した。このアプリを使えば、ユーザーは中国の厳しいインターネット検閲システムをかいくぐることができた。複数のアプリメーカーが明らかにした。

VPNサービス会社のエクスプレスVPNはブログで、アップルから、iOSアプリを中国本土向けのアップストアから削除したとの通知を受けたことを明らかにした。同社が掲載した通知書の写しには、このアプリには中国では違法になるコンテンツが含まれていた、と記されていた。

同業のスターVPNもツイッターで、同じ通知を受けたことを明らかにした。29日夜に本土向けアップストアで多数の人気VPNアプリを検索したが、結果は表示されなかった。

アップルはその後、「中国で新たな規則に反するVPNアプリの削除が義務づけられた」として、同アプリを削除したことを認めた。

中国のネット規制当局は、VPNの規則に関するコメント要請に応じていない。

今回のアップルの対応は、中国のネット規制強化を目的に新しく設けられた厳しいサイバーセキュリティー規則から身を守るのが狙いとみられる。同社は今月、新規則を理由に、中国の顧客の全データを政府系企業が運営するサーバーに保存すると発表した。

アップルはこれまで、中国の検閲に引っかかったアプリを本土向けアップストアから個別に削除してきたが、複数のアプリを一度に削除するのは異例だ。

中国当局はここ数週間、VPNに対する規制を強化している。160余りの顧客を抱える中国南部のデータサービス会社は、先週公安省に海外のVPNサービスへのアクセスを遮断するよう命じられたことを明らかにした。数日前には、北京の高級ホテル、ウォルドーフ・アストリア北京が宿泊客宛ての手紙で、「中国の法律上の問題により」VPNサービスの提供を中止したと伝えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホアプリで運転分析、自動車保険料を割引!損保ジャパン日本興亜が国内初提供
「タウンWiFi」がアップデート、自宅に無料WiFiをリクエスト可能に
ソニー/Yahoo!など有名企業の株を「たった1,000円」で買えるアプリ
スマホアプリで乗り捨てられるレンタサイクル「Mobike」が日本上陸! セイコーマートなどと連携
ソフトバンク、LINEトークでデータ通信量の残量などを確認可能に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加